「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!

関連キーワード:

,

,

,

 アメリカの人気アニメ「シンプソンズ」は、トランプ大統領の登場やヒッグス粒子の発見、新型コロナウイルスの流行から、レディ・ガガのド派手なパフォーマンスや人気ドラマの最終シーズンの内容まで、実に様々な予言を的中させてきたことでも知られる。そのシンプソンズで2021年が予言されたと話題になっている。そのゾッとする内容とは——。英「The Sun」(11月10日付)が報じた。

BACK TOON THE FUTURE What are The Simpsons predictions for 2021? (The Sun)

 2021年の予言だと噂されているのは今年11月1日に放送された「Treehouse of Horror XXXI」というエピソードで、この回はハロウィン恒例のスペシャルだった。

 時事ネタをふんだんに盛り込むシンプソンズらしく、この回は米大統領選を扱っている。物語の舞台であるスプリングフィールドでも選挙が行われており、「バイデン・ハリス」「トランプ・プーチン」などの看板が掲示されている。主人公ホーマーは家でだらだら過ごしていたが、娘のリサにこの4年間にトランプ政権がやったことのあれこれを示され、ようやく投票する。だが、それは庭で昼寝を決め込んでいたホーマーの夢だった。

 シーンは変わり、2021年1月21日の大統領就任式の日を迎える。だが、スプリングフィールドは戦火にあり、米国土安全保障省のロゴを付けたロボットがうろついていた。ホーマーは台所用品で作った鎧を着込んでライフルを抱え、ビール片手に屋根の上に座り込んでいたが、ふと空を見上げると、黙示録の四騎士がスプリングフィールドにやって来て、「戦争」「飢饉」「疫病」「Treehouseof Horror XXXI」の旗を掲げていた——。

「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!の画像1
画像は「The Sun」より引用
「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!の画像2
画像は「The Sun」より引用

 このエピソードは米大統領選投票日の直前に放映されており、「投票しないとろくでもないことになるぞ」という風刺を込めたブラックコメディである。だが、投票日を過ぎても大波乱が続くにつけて、この後半の2021年のシーンは「予言ではないか」と注目を浴びたのである。すなわち、アメリカ国内の内戦と世界の終末である。


 なお、制作陣はシンプソンズの予言について、「何十年も続けていれば予言のように見えることもある」と一笑に付している。だが今回の大統領選でも、最終的な投票結果の地図が2012年に放送されたエピソードのワンシーンと一致したとの指摘があり、シンプソンズの予言への注目はまだまだ終わりそうにない。

「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!の画像3
画像は「The Sun」より引用
「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!の画像4
画像は「Google」より引用

参考:「The Sun」「Distractify」ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「2021年シンプソンズの予言」発表! 来年世界が滅亡、疫病や飢餓も…当たりすぎるアニメ予言!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル