世界一当たる予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー「2021年の予言」解禁!! 巨大地震と津波で日本終了を断言… 地獄の1年始まる!

――予言研究家・白神じゅりこが寄稿!

 イギリスには世界的に有名なサイキックのクレイグ・ハミルトン・パーカーがいる。彼は70%という驚異の的中率で知られる予言者だ。これまでにトランプ大統領の就任、イギリスのEU離脱、ヘンリー王子とメーガン妃の王室離脱など、数々の予言を的中させてきた実績を誇る。

 さらにパーカーは、2017年の時点で「世界的にウイルスが蔓延する」と新型コロナウイルスの出現を予言していた。この予言については、筆者が過去に寄稿している

 パーカーは現在「新ノストラダムス」の異名を持つまでに至った。そんな世紀の予言者パーカーによる「2021年の予言」がついに解禁され、大きな話題となっている。

 予言はパーカーのサイトとYouTubeチャンネルに公開されている。すべてを紹介すると非常に長くなるので、筆者が気になった予言を選び抜いた上で、深堀りして記事にさせていただくこととした。

 2021年の予言をお伝えする前に、パーカーの言葉をお伝えしよう。

「未来は確定していない。今の時間から地平線上にある明白な課題を見ることはできる。未来が見えればその未来を変えることはできるということだ」

世界一当たる予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー「2021年の予言」解禁!! 巨大地震と津波で日本終了を断言… 地獄の1年始まる!の画像1
クレイグ・ハミルトン・パーカー。画像は「YouTube」より引用

 

◎クレイグ・ハミルトン・パーカー「2021年のよりぬき予言」

■ドナルド・トランプに関する予言

 まず、混迷するアメリカ大統領選についての予言を紹介する。パーカーの予言によれば、トランプの戦いはまだまだ続くという。不正選挙を暴く戦いは2021年に持ち込まれるだろうとのことだ。だが、不正投票はあったものの、それはほんの一部しか明らかにされないという。その証拠を手にすることができれば、トランプは再選されることになるが、残念ながらその確率は45%ほど。再選の可能性がないわけではないという。

 トランプはフォックステレビと取引をして「トランプTV」を放送し、それは大変な人気を得るという。大統領でなくなった後も、彼の影響力は健在なのである。「トランプTV」を通じてトランプは、「新型コロナウイルスが中国によってばら撒かれた」などというように、政治的意図によって隠蔽されてきたことをどんどん伝えていく。結果、トランプはバイデンよりも絶大な影響力を持つことになるという。

 ただ、トランプは2021年には重い病気になる可能性があるとパーカーは予言している。離婚など夫婦間での問題が生じるかもしれない。

世界一当たる予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー「2021年の予言」解禁!! 巨大地震と津波で日本終了を断言… 地獄の1年始まる!の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 またパーカーは、トランプが2024年に独立候補として出馬すると予言している。共和党は彼を裏切るということになるが、現時点でトランプが勝利できるのか否かを予言するのは、「時期尚早」ということである。

 さらにパーカーは、ジョー・バイデンは短命の大統領になると予言。なぜなら、病気や事故なのどの理由で早期に辞職するからだという。バイデン辞任は2021年になるかもしれない。

 バイデンが辞任に至るのは、アメリカ大統領にかけられているという「テカムセの呪い」によりものかもしれないと感じる(詳しくは筆者の過去記事を参照:アメリカ大統領が20年ごとに死亡する「テカムセの呪い」が発動中! トランプのコロナ感染も「呪い」だった!?)。2020年に選ばれた大統領はテカムセの呪いにズバリ当たってしまうからだ。(西暦で20の倍数の年に選出されたアメリカ大統領の多くが不慮の死を遂げている)

 バイデンの後、大統領は女性になるという。その内容が予言としても注目される米アニメ『ザ・シンプソンズ』において、女性初の米大統領が描かれていたが、それは初の女性副大統領カマラ・ハリスのことではないだろうか?

 ただ、パーカーによれば、米国においては国民の政治不信が高まってリコールが起きて、大統領選のやり直しが2021年に起きるかもしれないということだ。

世界一当たる予言者クレイグ・ハミルトン・パーカー「2021年の予言」解禁!! 巨大地震と津波で日本終了を断言… 地獄の1年始まる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル