コロナ治療で失明、眼球に黒カビが…脳まで菌に侵される患者が増加中!=インド

コロナ治療で失明、眼球に黒カビが...脳まで菌に侵される患者が増加中!=インドの画像1
画像は「getty images」より

 新型コロナウイルス感染症の大きな特徴の1つがサイトカインストームと呼ばれる過剰炎症反応である。免疫反応が暴走してしまい、血栓を形成したり、健康な細胞を損傷してしまったりする。重症例の多くはこのサイトカインストームが関係していると言われている。

 その治療にはステロイドを用いた免疫の抑制が効果的だとされ、実際にメチルプレドニゾロンなどのステロイドを中等量から大量に投与する治療が臨床現場で行われている。

 ただ、その恐ろしい後遺症の存在がこの度明らかになった。なんと、体に黒カビが増殖し、失明してしまったインド人男性がいるというのだ。地政学ニュース「Great Game India」(5月11日付)が報じた。

 基礎疾患のない70歳の男性は新型コロナウイルス感染症を発症し、ステロイドの治療を受け、2週間で回復したという。しかし、その後、鼻づまりが起こり、目元が腫れ上がったそうだ。それから3~4日で視力が著しく低下し、30cm先も見えなくなってしまった。MRIでスキャンしたところ、真菌によって引き起こされるムコール症が進行していることがわかったため、右目の除去を伴う根治的な副鼻腔剥離手術を行い、真菌治療も行われたという。

コロナ治療で失明、眼球に黒カビが...脳まで菌に侵される患者が増加中!=インドの画像2
ムコール症患者。画像は「Health Line」より

 ステロイド治療により免疫が弱まることで、黒カビのような真菌が体内で増殖することがあり、服鼻腔や眼球だけでなく、脳も侵されることがあり、死亡率も高いそうだ。

 また、麹菌が肺に感染するアスペルギルス症もコロナ患者の間で増加していることもあり、内科医のBasavaraj Kuntoji医師は、「ステロイドを10日を超えて使用したり、血糖値を十分にコントロールしないで使用したりすると、真菌感染症を引き起こす」と警鐘を鳴らしている。

 ステロイドは確かに新型コロナの重症患者に有効な治療法だが、適切に管理されないと、眼球摘出や最悪の場合は死亡する可能性まである。とにかく、新型コロナウイルスに感染しないことが第一だ。感染力が強く重症化傾向の強い変異株が流行している現在は特に、感染リスクのある行動はできるだけ控えておいた方が良いだろう。

参考:「Great Game India」、ほか

編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

コロナ治療で失明、眼球に黒カビが…脳まで菌に侵される患者が増加中!=インドのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル