【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!

 アメリカの「ウェブスター辞典」では未確認動物(UMA)を「存在すると主張されているが存在が証明されていない動物」と定義している。この機会に知っておくべき世界中の代表的なUMAを22種、前編に引き続きご紹介する。

アナタの知らないUMAが勢揃い! 前編はコチラ!


13. モケーレ・ムベンベ

 アフリカ大陸中央部に位置するコンゴ共和国の熱帯雨林。その湖沼地帯に生息しているといわれているUMAが「モケーレ・ムベンベ(Mokele-mbembe)」だ。

 全長10メートルほどの首が長い草食恐竜タイプの水陸両棲UMAであるモケーレ・ムベンベとは、「川の流れを止める人」を意味し、その伝承の始まりは1700年代までさかのぼる。

 最初、1909年に出版された『Beasts and Men』上で文献記録として登場したモケーレ・ムベンベだが、現地の人々には古くから語り継がれてきた伝説である。

 何度となく調査チームが編成され、1980年代には本格的な探索も行われたが、残念ながら決定的な物証は得られていないまま今日を迎えている。

【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!の画像1
「Scientific American」の記事より

14. ドアーチュ

「ドアーチュ(Dobhar-chu)」はアイルランドの湖一帯に生息するカワウソやイヌに似た全長2メートルほどもある攻撃的なUMAで、「アイルランドのワニ」としても知られている。

「半分イヌで半分サカナ」とも形容されるドアーチュの初期目撃情報は1600年代後半にまでさかのぼり、1722年にこのUMAに殺されたといわれている女性の墓石にはドアーチュの描写も刻まれているのだ。

【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!の画像2
「Cryptid Wiki」の記事より

15. バニップ

 オーストラリア先住民の民間伝承によると、「バニップ(Bunyip)」はオーストラリアの湖や沼地で見られる生き物で、人間、特に女性や子供を好んで捕食するという恐ろしいUMAである。

 現地ではバニップの伝承が数多く残されているが、多くの人がアザラシのように見えると説明している。また、カモノハシの巣に産卵しているともいわれている。

【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!の画像3
「Wikipedia」より

16.ラブランドのカエル男

「ラブランドのカエル男(Loveland Frogman)」は、その名の通り人型のカエルである。このUMAは米オハイオ州ラブランドのリトルマイアミ川で泳いでいる姿が1955年に最初に目撃されている。

 さらにその後、1972年3月にオハイオ州ラブランドの警察官が2度にわたって目撃した。記録によると身長は1メートル前後、体重30キロほどの体格で、爬虫類のような皮膚とカエルやトカゲのような顔をしていたという。警官の1人はカエル男に発砲した。

 2016年、ラブランドのカエル男は「ポケモンGO」をプレイしていた2人によって再び目撃されたという。そのうちの1人は、UMAのビデオを地元メディアに送り、それが記事となって世を騒がせた。

 しかし、その記事が出た後、1972年に目撃した警察官が「カエル男はデマである」と主張し、彼が見つけて撃った生き物は尻尾が欠けていたイグアナであったと説明した。ラブランドのカエル男は実在するのか? 今後の目撃報告に期待したい。

17. レイク・ワース・モンスター

 世界各地には「ヒツジ男」や「ヤギ男」の伝承も少なくないのだが、 テキサス州にある人造湖、ワース湖の畔ではフサフサとした白い羊毛に覆われた「レイク・ワース・モンスター(Lake Worth monster)」が目撃されている。

 身長は2メートル以上、体重160キロという堂々たる体格の2足歩行のヒューマノイドだが、身体は羊毛で覆われ頭部は羊である。

 1969年7月に地元住民によって初めて目撃され、同年10月には写真の撮影にも成功し、地元紙の紙面でも報道された。

【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!の画像4
「Cryptid Wiki」の記事より

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

【永久保存版】世界各地の激レアUMA・22選! ドアーチュ、バニップ、アフール… 地球は未確認動物で満ちている!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル