「人食い部族」の島を生き抜いたヘルマン・デツナーの秘密とは? 死ぬまで口を閉ざした男の謎に満ちた4年間

 人食い部族の住む島で4年間生き抜いた優秀で実直な測量士は、なぜ著作に誇張したエンタテインメント性を盛り込んでしまったのか。第一次世界大戦のドイツ軍最後の降伏者として英雄扱いされるも、口を閉ざしたまま寡黙な晩年を送った人物の謎に再び注目が集まっている。

■降伏しなかったデツナーの遠征隊

 欧米列強諸国がしのぎを削る第一次世界大戦の前の数年間、太平洋南部に位置するニューギニア島の北東部をドイツが支配し、オランダが西半分を支配し、イギリスが南東部の領有権を保有していた。当時はまだこの一帯の正確な地図は作られておらず、各国が支配する境界線は曖昧でトラブルに発展することもあった。

 そこでドイツは探検隊を派遣して一帯を調査することを画策、自国の技術者で測量士のヘルマン・デツナーを植民地治安部隊の将校としてニューギニア島へ派遣したのだ。

「人食い部族」の島を生き抜いた男の秘密とは? 死ぬまで口を閉ざしたドイツ人の謎に満ちた4年間の画像1
ヘルマン・デツナー 「Mysterious Universe」の記事より

 1908年から任にあたったデツナーは、少数の部隊を率いて険しいジャングルの中で各地の地形を調査することになった。しかし、調査ではあっても境界を越えたことが発覚すれば、局地戦に発展するリスクもあり、絶え間ない緊張感と慎重さが求められた。

 1914年1月、デツナーは25人の現地兵、45人の荷役夫、および少数のドイツ人技術者らを率いて未開のジャングルへと出発した。

 この遠征はすぐに実りあるものとなり、ドイツの国益に有利な発見が相次ぎ、ドイツ領土が拡張されることになった。遠征隊はまた現地の先住部族に出会ったが、彼らが草のスカートを身につけていたことからはデツナーは「スカートをはいたパプア人」と呼ぶことにした。しかし、彼らは“人食い”の風習を持つ、恐ろしい部族でもあったのだ。

 遠征が10カ月を過ぎようとしていた頃、デツナーは自分たちを取り巻く状況が変化していることに気づかされた。8月4日にイギリスがドイツに宣戦を布告し、この地のドイツ植民地軍は戦闘は行わずすぐに降伏していたことがわかったのだ。そしてデツナーの遠征隊もすみやかに降伏することが命じられたのである。そして、イギリスの同盟国であるオーストラリアの部隊がドイツ領内でまだ降伏しないドイツ人の“残党狩り”を行っていたのだ。

 現地人のメンバーについては即解任となり、それぞれ帰宅の途に就いたのだが、デツナーは降伏する前に30人のドイツ人のメンバーを率いて、島の反対側に位置する中立国オランダが支配する地域に逃げ込むことを考えて実行に移した。こうして彼らのサバイバル生活が始まることになる。

「人食い部族」の島を生き抜いた男の秘密とは? 死ぬまで口を閉ざしたドイツ人の謎に満ちた4年間の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

■帰国後に著書が大ベストセラーに

 だが、オランダ領へと逃げ込む作戦は困難を極めた。

 海上を移動する試みは敵艦のパトロールを突破することができず、先住部族との争いも頻発し、マラリアなどの病魔に斃れるメンバーも続いた。

 ドイツのルター派伝道所にお忍びで身を隠すなどしながらサバイバルは続くも、1918年11月11日にドイツが降伏したことで、オランダ領に逃げ込む意味は失われた。

「人食い部族」の島を生き抜いた男の秘密とは? 死ぬまで口を閉ざしたドイツ人の謎に満ちた4年間の画像3
「Mysterious Universe」の記事より

 それでも年内はジャングルに身を隠していた一行だが、年が明けた1919年1月5日、ついに白旗を上げて降伏した。ドイツ軍兵士として一番最後の降伏だったということだ。

 敵から身を隠し、熱帯の病気に悩まされ、そして隙あらば彼らを殺して食べたいと考えていた人食い部族をかわしながらサバイバルした疾風怒濤の4年間であった。

 ドイツに戻ったデツナーは、戦地において最後まであきらめなかった国民的英雄として歓迎され、一躍有名人となり少佐に昇進した。

 そして彼はニューギニア島でのサバイバルの4年間を綴った著作『Four Years among the Cannibals(人食い部族に囲まれた4年間)』と、現地調査の成果を記した著作『Kaiser-Wilhelmsland, nach dem Stande der Forschung im Jahre 1919(カイザー・ヴィルヘルムス・ラント ― 1919年の調査による)』を上梓し、どちらも大ヒットを記録した。

 特に『人食い部族に囲まれた4年間』は、まるで血沸き肉躍る冒険小説のようなエンタテインメント性もあって好評を博し、フランス語、英語、フィンランド語、スウェーデン語に翻訳されて大ベストセラーとなった。

 また『カイザー・ヴィルヘルムス・ラント ― 1919年の調査による』の方も、この未開の地域の非接触先住民の文化と風習への詳細な調査が学術界で好評を博し、ベルリン地理学会、ライプツィヒ地理学会、大学など数々の権威ある組織から名誉学位といくつかの賞、メダル、称賛を獲得した。

 しかし話は予期せぬ方向へと転ぶ。ニューギニア島で“残党狩り”をしていたというオーストラリア軍の元兵士が、当時デツナーの部隊を常に追跡していたが、事実は著書の内容とはまったく違うことを新聞に投書したのだ。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

「人食い部族」の島を生き抜いたヘルマン・デツナーの秘密とは? 死ぬまで口を閉ざした男の謎に満ちた4年間のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル