辛すぎる「精液アレルギー」の恐怖! 性行為・自慰行為のたびにインフルエンザのような症状…

辛すぎる「精液アレルギー」の恐怖! 性行為・自慰行為のたびにインフルエンザのような症状…の画像1
画像は「Getty Images」より

 性行為をするたびに発熱や鼻づまり、筋肉痛といった症状に悩まされるひとりの男性。その原因は、自らの精液に対する“アレルギー”だった……。世の男性を震え上がらせる疾患について、英紙「Daily Star」が報じている

 国際泌尿器科学会のケースレポートによると、この症状は「post-orgasmic illness syndrome(POIS)」と呼ばれ、男性の新たな性機能障害として認知されつつあるという。日本での名称はまだ定まっていないが、複数の論文では「オーガズム後症候群」「ポストオルガス病症候群」などと訳されている。

 症例の報告は過去20年で60例に満たず、それゆえ誤診が起こりやすかったり、そもそも患者が原因を認識しづらかったりする。このことから、潜在的な患者数はもっと多いとみられている。

 症例のひとつとして報告された匿名の27歳男性は、性行為後に起こる“インフルエンザのような症状”に10年以上悩まされ、結果として性交渉を避けるようになってしまったという。

 主な症状としては急激な倦怠感からの発汗、発熱、鼻づまりに筋肉痛などが挙げられるほか、目の痒みや皮膚の発疹、集中力の低下や記憶障害なども報告されている。

 原因として最も支持されている説は、“精液に対するアレルギー反応”である。というのも、この疾患を持つとされる男性の88%が、アレルギー検査で自らの精液に陽性反応を示したからだ。症状は性行為、自慰行為を問わず射精後から直ちに現れ、長ければ1週間は続くこともあるという。

 現在のところ、根本的な治療法は確立していないが、先述の男性はフェキソフェナジンという薬の投与によって、症状が約90%改善したという。フェキソフェナジンは、アレルギー性鼻炎の薬として市場に広く出回っている抗ヒスタミン薬だ。

 思えば、今や国民病とされている花粉症も、かつては認知度が低かった。いずれはこの疾患もポピュラーになり、男性が気軽に射精できない時代が来るのだろうか? 「射精後の発熱や痒み、辛いですよねえ」などと謳う薬のCMが流れ、性行為や自慰行為の前には服薬することが常識に。やがて、男性のみならず女性にもアレルギー患者が出始め、子作りをためらうようになった人類は滅亡へ……。なんて暗い未来も浮かんでくる。

参考:「Daily Star」、ほか

関連キーワード:, , ,

文=ゼロ次郎

2015年からライターとして活動。 得意ジャンルは国内外のB級ニュースや珍事件。「TOCANA」 「実話ナックルズ」「日刊SPA!」を中心に執筆しているほか、 南阿佐ヶ谷のライブハウス「Talking Box」で、出版関係のトークイベントを毎月開催中。
X: @zerojirou

ゼロ次郎の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

辛すぎる「精液アレルギー」の恐怖! 性行為・自慰行為のたびにインフルエンザのような症状…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル