人間の尊厳を踏みにじる現代の拷問9選! 苦痛を与え、傷跡を刻み、人権を侵害する邪悪な手法

関連キーワード:

,

,

,

,

 2000年、国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」とアフリカの社会科学団体「CODESRIA」は、拷問が疑われる刑務所を監視する監視グループ向けのハンドブックを発行した。このハンドブックで解説される5種類の拷問に他の4種類を加えて、現代における一般的な9種類の拷問を紹介しよう。世界中で今も行われている非人道的な拷問法を知り、人権尊重の大切さを見直したい。

火傷

 2011年夏、リビアのカダフィ家で乳母として働いていた女性、シュワイガー・ムッラーは、カダフィの息子の妻から、夫婦の子供たちを大人しくさせなかったという理由で拷問を受けた。妻はシュワイガーに熱湯をかけて火傷を負わせたとされる。火傷はシュワイガーの全身に及び、顔はほとんど認識できないほどだった。

 火傷を負わせる拷問の起源は紀元前2000年にまでさかのぼる。犯罪者の身体に罪の証を永遠に残すため火傷が用いられた。

 近年では、スウェーデン・ストックホルムにある「拷問・外傷生存者センター」の専門家が、バングラデシュで拷問を受けた83人の政治難民のうち、78%が火傷を負っていたことを報告した。拷問の被害者は、化学物質や極度の寒さによって火傷を負うこともある。これらの火傷は、適切に治療しないと感染症を発症しやすく、拷問による傷跡が一生残ることも少なくない。

貫通性外傷

人間の尊厳を踏みにじる現代の拷問9選! 苦痛を与え、傷跡を刻み、人権を侵害する邪悪な手法の画像1画像は、「HowStuffWorks Science」より

 刺し傷や銃創などは特に外傷になる可能性がある。ボストン大学の研究によると、このような外傷は、永続的な神経学的損傷を残すための拷問でよく見られるという。銃やナイフは多くの場合、加害者が意図しない方法で、深刻な内部損傷を与える。たとえば、銃弾や刃物による傷は、脊髄を切断したり、靭帯や腱を破壊したりして、永続的な障害を引き起こす。さらに、被害者は必要な医療を受けられないことが多く、感染症や治癒の遅延につながりやすい。

 人権NPO「国際人権協会」は、中国における拷問の犠牲者は、背中の皮膚を竹、針、その他の鋭利なもので突き刺され、小さな棒で鼓膜を破られたと報告する。バングラデシュからの難民の検査では、調査対象のグループの79%が、ナイフ、剣、針、ガラスなどの道具による傷を負っていた。

窒息

人間の尊厳を踏みにじる現代の拷問9選! 苦痛を与え、傷跡を刻み、人権を侵害する邪悪な手法の画像2画像は、「HowStuffWorks Science」より

 アイオワ大学の研究者は、マウスが二酸化炭素濃度の高い空気を吸うと、その場で動きが止まるという反応をすることを発見した。さらなる研究の結果、二酸化炭素濃度が上昇すると、マウスの体のpH値が高くなり、生存のために脳の一部で強い恐怖反応を引き起こすことも発見された。これらの研究から、窒息が残忍な拷問方法である理由が明らかだろう。

 拷問者は、さまざまな方法で犠牲者の空気供給を遮断できる。窒息は発作や意識の喪失を引き起こす可能性があり、他の拷問よりも犠牲者を死に至らしめやすい。また、犠牲者は液体の吸入による慢性気管支炎や、記憶喪失や昏睡に至る永久的な脳損傷なども考えられる。

身体部位の除去

 ナチスの医師たちは、強制収容所の収容者たちを被験者として、手足や組織の移植実験を行ったといわれる。医師たちは、犠牲者の腕、脚、その他の体の一部を切除し、他の犠牲者に移植しようとしたが、結果は悲惨だった。

 切断や組織の除去は昔から拷問の手段とされてきた。拷問者は通常、犠牲者から爪、歯、指を取り除くが、それ以外の身体部位を取り除くことがあった。イスラム法は、犯罪者が罪を犯すために使用した身体部位を取り除く刑を含む。2007年には、複数の強盗で有罪判決を受けたイラン人男性が4本の指を切断された。中世を通じて、英国の犯罪者は死刑執行人によって手、耳、その他の身体部位を切断された。こうした拷問は、一生消えない身体的障害を負うだけでなく、その障害のせいで社会から排除されることもある。

殴打

人間の尊厳を踏みにじる現代の拷問9選! 苦痛を与え、傷跡を刻み、人権を侵害する邪悪な手法の画像3画像は、「HowStuffWorks Science」より

 69人の難民を対象としたデンマークのある調査では、生存者の97%が殴打されたと報告していることが判明した。「拷問の医学的記録」の著者であるマイケル・ピールとヴィンセント・イアコピノ氏は、著書の中で「殴打は万国共通だが、手段は異なるかもしれない」と書いている。殴打は、犠牲者を殴ったり、平手打ちしたり、蹴ったりするのと同じくらい簡単である。

 殴打にはいくつかの特殊の方法がある。「ファランガ」と呼ばれる拷問は、足の裏を鞭や棍棒で叩く。ファランガでは、犠牲者の足に持続する激しい痛みをもたらし、歩行に困難を引き起こす可能性が高い。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

人間の尊厳を踏みにじる現代の拷問9選! 苦痛を与え、傷跡を刻み、人権を侵害する邪悪な手法のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング05:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル