ヴァイキングの拷問法「血のワシ」が行われた理由とは? 背中の肋骨を開いて肺を広げる残酷性の意味

関連キーワード:

,

,

,

,

ヴァイキングの拷問法「血のワシ」が行われた理由とは? 背中の肋骨を開いて肺を広げる残酷性の意味の画像1
画像は「Getty Images」より

 ヴァイキングは、9~12世紀にかけて、西ヨーロッパ沿岸部で海賊活動や交易を行ったノルマン人である。ヴァイキングの北欧神話の神々を信仰し、主神オーディンの名の下に敵を残酷に拷問したとされる。そのような拷問術の一つに「血のワシ」がある。

ヴァイキングの拷問術「血のワシ」とは?

 血のワシは、うつ伏せに寝かせた犠牲者の背中を刃物で切り開き、脊椎から肋骨を外した後、左右の肺を引きずり出して広げる拷問である。肺の広げ方がワシの翼のようだったという。

 犠牲者は逃走や急な動きを防ぐため、手足を縛られた。尾骨を胸郭に向かって背中を裂かれた後、それぞれの肋骨が斧で細心の注意を払って背骨から切り離され、内臓を完全に露出させられた。犠牲者がこの間ずっと生きていたとされ、しかも傷口に塩を刷り込まれたとすらいわれる。

 血のワシが歴史的な事実なのか文学作品におけるフィクションなのかに関しては議論が続いている。というのも、この拷問術が記録されているのがスカルド詩とサガだけだからである。スカルド詩は9~13世紀頃の北欧で読まれた古ノルド語の韻文詩で、サガは中世アイスランドで成立した古ノルド語の散文作品群である。

 血のワシに関する最初期の記述は867年だったと考えられている。ノーサンブリア王国の王エラは、ヴァイキングのリーダーであるラグナル・ロズブロークを捕えて、ヘビの穴に投げ込んで殺害した。865年、ロスブロークの息子たちは父の復讐のためイングランドに侵攻し、エラを血のワシで処刑した。これは敵に恐怖を植え付けるためだったという。

ヴァイキングの拷問法「血のワシ」が行われた理由とは? 背中の肋骨を開いて肺を広げる残酷性の意味の画像2画像は、「All That’s Interesting」より

 北欧の歴史の中で少なくとも4人の有名人がエラと同じ運命をたどったと信じる学者もいる。具体的には、イングランドのエドマンド王、ノルウェーのハラルドル王の息子ハーフダン、ミュンスターのマエルガライ王とアエルヒー大司教の4人である。

 こうした記録がフィクションであると考える学者も少なくない。しかし、シカゴ大学の研究チームは昨年、当時の技術で血のワシが実現可能であることを発表した。もっとも、犠牲者は心身のショックと出血多量によってすぐに死んでしまうため、死体から肺を取り出して広げたと考えられるという。

ヴァイキングが血のワシを行った理由

ヴァイキングの拷問法「血のワシ」が行われた理由とは? 背中の肋骨を開いて肺を広げる残酷性の意味の画像3画像は、「Wikipedia」より

 ヴァイキングが血のワシを行った理由とされるは2つの説がある。1つめは、血のワシが北欧神話の主神で戦争の神でもあるオーディンへの生贄だったという説である。2つめは、血のワシが不名誉な罪を犯した者への罰として行われたという説である。エラは復讐のため血のワシで殺害されたと伝えられることから、2つめの説が真実味を帯びてくる。

 時代は下って、20世紀フランスの哲学者ミシェル・フーコーは『監獄の誕生』の中で身体刑の意義について言及した。一見すると残酷な身体刑は野蛮な凶暴性の発露と見られがちだが、実際はそうではなく、規則を伴う一種の祭式であるという。その中には、刑の犠牲の刻印や、処罰する権力の明示といった意味が含まれると解釈される。拷問もまた真実を探究するための身体刑の一種である。

 フーコーの理論に基づけば、暴力的な欲求にかられたためではなく、復讐の事実を人々に知らしめたり、オーディンの権威を明らかにしたりするため、ヴァイキングが血のワシを行ったと考えるのが妥当だろう。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

ヴァイキングの拷問法「血のワシ」が行われた理由とは? 背中の肋骨を開いて肺を広げる残酷性の意味のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル