50年前にUFOが米軍ヘリを乗っ取っていた! 国防総省が認めたUFOと同一か?

関連キーワード:

,

,

50年前にUFOが米軍ヘリを乗っ取っていた! 国防総省が認めたUFOと同一か?の画像1
画像は「Getty Images」より

 米陸軍予備役の隊員たちが、登場するヘリコプターの操縦をUFOに奪われる経験をしていたという。海外科学系情報サイト「CURIOSMOS」(12月7日付)が報じている。

※ UFO(Unidentified Flying Object:未確認飛行物体)は、説明のつかない航空現象をすべて含むが、現在は「宇宙人の乗り物」という意味で用いられることが多い。そのため、現在アメリカ軍では「宇宙人の乗り物」という意味合いが強くなったUFOに替えて、説明のつかない航空現象に対し、「UAP(Unidentified Aerial Phenomena:未確認航空現象)」という呼称を採用している。最初のUFO目撃談とされる1947年の「ケネス・アーノルド事件」で、実業家のケネス・アーノルドが目撃した飛行物体について「水の上を滑る円盤のように」動いていたと描写したことから、宇宙人の乗り物を「空飛ぶ円盤(flying saucer)」と言うこともある。

 1973年、陸軍予備役ヘリコプター部隊の隊員たちは、リック・ジェシー大佐の操縦で飛行していた。その日は快晴の夜だったという、上空約2000フィート(600メートル)を巡航中、隊員たちは地平線上に奇妙な赤い光が浮かんでいることに気が付いた。

 それは、飛行機やヘリコプターなど、他の飛行体の光とは違っていたそうだ。真っ赤で、水平線いっぱいに広がるという不思議なもので、隊員らが乗る軍用ヘリに向かって来たという。ジェシー大佐の証言によると、この未確認飛行体は500〜600ノット(時速約900~1100キロメートル)の速度で巡航しており、その姿は細長い「Tic Tac」(現地でポピュラーなフレッシュミント錠)に似た翼のない奇妙な物体だったという。金属性で上部にドームのようなものや窓があり、乗組員はその詳細を目撃したそうだ。UFOが接近してきたため、ジェシー大佐は回避行動を開始した。

 大惨事になりかねない状況だったため、大佐はオートローテーションを行った。これはエンジンを切り、ローターを下から上に通過する空気によって回転している飛行状態だ。しかし、ここで奇妙なことが起こったという。機長がこの操作を行ったにもかかわらず、乗組員たちの報告によると、ヘリコプターは降下しなかったというのだ。それどころか、UFOがヘリコプターの制御を奪ったかのように、わずか数秒のうちにヘリコプターを約800フィート(約200メートル)上空に引き上げたそうだ。大佐によると、ヘリコプターは通常飛行しないような高度まで上昇していたという。乗員はヘリコプターのコントロールを取り戻そうと奮闘したが、計器が奇妙な値を示していることに気づいた。コンパスはあるべきでない方向を指し、まったく機能していなかったそうだ。そうこうするうちに、大佐はヘリコプターのコントロールを取り戻し、乗員は無事に着陸することができたという。

 彼らの前に出現した飛行物体は一体何だったのか? 気になるのはTic Tacのような形状だったという点だ。米国防総省(ペンタゴン)が2020年4月に公開し、空母艦載機が撮影した「未確認の空中飛行物体」だと認めた3本のビデオに映るUFOもTic Tacのような形状をしていたと目撃したパイロットが報告しており、通称「Tic Tac UFO」と呼ばれている。3本のうち最も古い映像が2004年のものであるから、ジェシー大佐らは約30年前に類似のUFOと遭遇していたことになる。

 このUFOは何十年も前から地球にいるのだろうか? そしてその正体は一体何なのか? 謎は深まるばかりだ。

参考:「Curiosmos」、ほか

編集部

TOCANA|UFO、心霊、予言など未知の世界の情報を発信、好奇心と知的欲求を刺激するメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

夜泣きにアヘン、溺れた者には「タバコ浣腸」……今では考えられない昔の医療! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2023.01.15 14:00歴史・民俗学
アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

アートの題材となった死体写真…アラーキーからマニアしか知らない写真家まで! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.12.31 17:00歴史・民俗学
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

2023年を人生激変の年にする開運・波動グッズ4選! 願いが叶うクリスタル、財運が向上する八卦鏡、高波動プラチナフォトン

 広瀬学氏は、波動・スピリチュアルグッズの通信販売会社オプティマルライフ株式...

2023.01.20 13:00占い・開運

50年前にUFOが米軍ヘリを乗っ取っていた! 国防総省が認めたUFOと同一か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル