「黒い目をした子ども(BEK)」の撮影に成功か 森の中に佇む奇妙な人影…

「黒い目をした子ども(BEK)」の撮影に成功か 森の中に佇む奇妙な人影…の画像1
画像は「Furious Otter (YouTube)」より

 イギリスのスタフォードシャー州キャノック・チェイスは風光明媚な森林地帯として有名で、多くの人が散策に訪れる観光地だ。しかし、この地域は幽霊を筆頭にUMAや超常現象が数多く報告されている場所でもあるのだ。近年では「黒い目をした子ども達」こと「ブラック・アイド・キッズ(BEK)」に遭遇したという報告が複数寄せられている。

※ UMA(ユーマ、Unindentified Mysterious Animal)とは未確認生物を意味する和製英語。未確認生物とは何世紀にもわたって語り継がれてきた物語や伝説に登場したり、また、今日でも目撃例があるが実在が確認されていない生物のことだとされている。物語、伝説、噂話などで語られる生物であるため、科学的な対象ではなく、“オカルト”に分類される。英語圏で、未確認生物はCryptid (クリプティッド)と呼ばれ、これを研究する学問はCryptozoology(クリプトズーロジー、暗号生物学)と呼ばれるのが一般的。

 ブラック・アイド・キッズは一見普通の子供のように見えるが、全身が異様に白く、白目がなく全て真っ黒の目をしているという特徴がある。子供にも関わらず力が強く、非常に狂暴で人に危害を加えようとしてくる傾向にある。

 そんなキャノック・チェイスの超常現象について調査を行っている心霊研究家のRobert Pulme氏が、森の中でドローンを用いた調査を行ったところ、カメラに「幽霊ないしはBEK」らしき奇妙な人影を捉えたと報告して話題になっている。

 問題の画像はドローンに搭載されていたカメラが撮影していたもので、少し離れた木立の中を、白い服を来た人影が歩いていく様子が偶然記録されていたのだという。勿論、映像を見た人の中には単なるフェイクであるという意見や、白い服を着ていた人にすぎないという意見もあった。しかしPulme氏はこの映像について「幽霊ないしはBEKがこの地域を徘徊している証拠かもしれない」との主張を崩さない。

「黒い目をした子ども(BEK)」の撮影に成功か 森の中に佇む奇妙な人影…の画像2
画像は「Getty Images」より

「キャノック・チェイスは悪霊やUMAに関する噂が多く、英国で最も呪われた場所の一つと考えられています。私たちはここでBEKが歩き回っているのを見たという報告をたくさん受けています。キャノック・チェイスに現れるBEKは女の子が多いようで、最初は普通の女の子のように見えることもあり、出会った人は『小さな女の子が森で迷子になったのでは』と心配になります。しかし、彼女の目を見て驚いているうちに少女は姿を消してしまうのです」

 Pulme氏によると、キャノック・チェイスの森に現れるBEKは、1800年代に流行したジフテリアで亡くなった地元の子ども達の幽霊ではないかという。病気で亡くなった子ども達の目が落ちくぼんでいた事から「白目の無い真っ黒な目」をしているように見えたのではないか、というのだ。一方で、1965年から1967年の間にこの地域で3人の子供を殺害した殺人鬼レイモンド・モリスの犠牲者の幽霊がBEKになったという説も存在している。

 果たして、森に現れる黒い目の子ども達の正体は何なのか。今後の報告が気になるところだ。

参考:「Daily Star」ほか

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, , ,

文=田中尚(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

田中尚(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「黒い目をした子ども(BEK)」の撮影に成功か 森の中に佇む奇妙な人影…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新