米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術か

 請負業者は見た――。米軍基地に出入りしていた請負業者の親子は軍の地下施設で空中に浮遊する“モノリス”を見たと証言しているのだ。

極秘の地下施設に宙に浮く“モノリス”

 2023年6月12日、ワシントンD.C.のナショナル・プレスクラブで開催された「ディスクロージャー・プロジェクト」イベントでは元医師でUFO研究家のスティーブン・グリア博士に紹介された6人の勇敢な内部告発者によって、政府の隠蔽工作を暴く説得力のある情報が共有された。

 イベントの中で最も説得力のある証言の1つは、1997年から2013年までノースカロライナ州フォートブラッグで米陸軍に勤務した退役軍人、DC・ロング氏によってなされた。彼は戦闘中に飛び降りた際に受けた負傷のため止むなく軍を退役したのだった。

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かの画像1
DC・ロング氏 画像は「YouTube」より

 彼の父親はフォートブラッグの政府請負業者でもあり、米軍基地でも仕事をしており、退役後のロング氏は父と共に引き続き軍に関係する仕事を続けることになった。

 ロング氏と父親は2010年末か2011年初め、ノースカロライナ州フォートブラッグの「レンジ19(Range 19)」として知られる米陸軍の機密施設を仕事の用件で訪れたのだった。

 到着すると父子は2人のスタッフに導かれて貨物用エレベータで地下施設に案内された。この施設に屋内実弾射撃場を設置する計画があり、業者として招かれた父子は現地を下見をすることになっていたのである。

 最初は普通の場所に見えたが、すぐに彼らは奇妙な光景を発見した。屋内にはコンテナのような一枚の大きく分厚い石板があったのだが、よく見ると地面から30センチほど浮いているようなのだ。石板の長さは6メートルほどで、高さは2メートルほどであった。もしタテに建っていたならば“モノリス”のようにも見えた。また石板の上には奇妙な黒い箱が乗っていた。石板から少し離れた場所にはテントほどの大きさの岩が2つ配置されていた。

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かの画像2
画像は「YouTube」より

 この地下施設に降りた時から奇妙な振動を身体に感じていたロング氏だったが、この石板に近づくほどに振動の感覚が強まってくることを理解した。

 石板の近くまで来たロング氏はしゃがんで床と石板の間を覗き込んでみたが、すべて向こう側が見渡せて支えるものはいっさいないことを確認した。

 それにしてもこのような石板をこの地下施設に運び入れるのは人間の力では何人いたとしてもまず無理であると思えた。

「それは花崗岩の板のように見えました。しかしその光沢が私の注意を最も惹きつけました。表面は滑らかで半透明で、その後ろに何かがあるような感じでした」(DC・ロング氏)

 父子はまるで“モノリス”のような巨大な一枚岩に当惑しつつも、この巨石には興味をそそる不思議な魅力があったという。

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かの画像3
画像は「YouTube」より

巨岩を軽々と弄ぶ超人的な人物

 スタッフに案内されて施設を進むと、石板の奥で2人の人物が片手で巨大な岩を楽々と回して弄んでいることに気づいた。スタッフは彼らがどのようにして信じられないほどの力を発揮し、人間の手では不可能に見えるような物体を軽々と操っていたかについて説明したが、理解することはできずむしろ多くの疑問が湧いてきた。

 さらに別の場所へ進み、15分から20分ほど過ごした後、父子は最初の地点に戻ったが、石板は跡形もなく消えていたのだった。2人が弄んでいた大きな2つの岩もなかった。

 その後父子はエレベータで地上に戻ったのだが、地下施設にいた時間は全部で30分ほどであったという。地下施設で身体に感じた奇妙な振動について「説明できない力の中心にいるような、奇妙な感覚でした」とロング氏は語る。

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かの画像4
画像は「YouTube」より

 この日にロング親子が見たものは何であったのか? 超人的な2人の人物の正体は? そして短い時間の間に石板と岩はどこに消えたのか?

 下見の終了時に父子は軍の人間から、案内をしたスタッフの名前を公表してはいけないと口止めされたのだった。そしてこの日のことについてロング氏は今日まで固く口を閉ざし続けてきたのである。

 イベントに参加していた海軍特殊部隊「ネイビーシールズ」の隊員であったショーン・ライアン氏はロング氏の興味深い話を聞いて質問をしている。

 ライアン氏の「石板からどのくらい離れたところで振動を感じましたか? 見る前から感じていましたか?」という質問にロング氏は「貨物用エレベーターのドアが開いた時からです」と答えた。

 続けてライアン氏は「振動はいつ止まりましたか?」と質問すると「立ち去るまで、それは止まりませんでした」とロング氏は答えている。

 石板の上に乗っていた箱について質問されるとロング氏は軍の整備士が持っているような黒いツールボックスのようなものであったという。石板の中央にあり、そこが最も振動が強くなるように感じたということだ。

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かの画像5
画像は「YouTube」より

参考:「Howandwhys

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

米軍施設で「宙に浮くモノリスと巨石を片手で操る超人を見た」元軍人が証言! 宇宙人の技術かのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング05:35更新