「光る目をした奇妙な生き物につきまとわれている」キャンプに訪れた若者を恐怖に陥れた存在とは

イメージ画像 Created with DALL·E

 アメリカはルイジアナ州当局は、つい先日に国有林でキャンプをしていた10代の若者の一団が、「光る目をした奇妙な生き物につきまとわれている」という奇妙な通報に対応したと報告し注目を集めている。

 この奇妙な事件は、ナチトッシュ・パリッシュ保安官事務所の公式フェイスブックへの投稿によって29日土曜日に明るみに出た。 同保安官事務所によると、その日フーマ市の高校を卒業したばかりの若者たちがキサッチー国有林でキャンプをしていたという。そのうちの一人が「うなり声を聞き、目が光り、身長が約1.5メートルもある動物のようなものを見た」と報告。

 キャンプ場近くに居座る不気味な生物に狼狽するのは無理もないが、その若者らはすぐに911に通報して奇妙な状況を伝え、「支援を要請」した。 その後、2人組の保安官代理が現場に派遣され、怯えた10代の若者たちを見つけ、安全な森の外へ連れ出したという。 その後、念のため現場周辺を捜索したが「不審な生物は確認できなかった」と報告は締めくくられている。

 果たして彼らは何を目撃したのだろうか。保安官事務所側は「彼らが本当に何らかの生物に遭遇したとすれば、それはクマだったかもしれないし、”ビッグフット “だったのかもしれない」と推測している。

関連記事:Coast to Coast AM

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:,

文=加藤史紀(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

加藤史紀(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

「光る目をした奇妙な生き物につきまとわれている」キャンプに訪れた若者を恐怖に陥れた存在とはのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで