• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Maria Rosa.S

,

this man

,

ユング

,

 貴方は普段、どんな夢をみていますか? 夢は自分でも気付かない深層心理を映し出し、時には未来を暗示させることも…などと言われていたりもしますが、今回はなんと世界中で何千人もの人が同じ男性の夢を見ているという、摩訶不思議な夢の話をご紹介します。


■「この男」の目撃例は世界中!

thisman1.JPG
この絵の男性に心当たりがありますか…? 画像は「This Man」より

 太く濃い眉大きな目と口、やや禿げ気味で少し不気味な印象を受けるこの絵の男性。前述の通り、世界中で何千人もの人が同じこの絵の彼を夢の中で見ている(!?)という不思議な都市伝説が数年前に各地で話題になりました。

 この男の夢を見た人の話が、あるネット上で多数語られています。その名も『This Man』ウェブサイト!

 このサイトによると、そもそもの始まりは2006年1月にニューヨークの有名な精神科で、「会ったことのない同じ男の夢を繰り返し見る」と、訴える女性の患者が、その夢に出てくる男性の絵を描いたことが始まりだったそうです。
 
 男性は夢の中でその女性に何度も人生についてアドバイスをくれたのだとか。

 最初はそこまで興味を持っていなかった主治医でしたが、数日後に別の患者が訪れた際に、デスクに置いてあった「夢の男の絵」を指して、「僕の夢に出てくる男と同じだ!」と言ったのです。

 これを受けて、主治医は同僚の医師達にこの絵のコピーを配り、「患者中にこの男性の夢を繰り返し見る人がいないか?」と、聞いたところ、なんと…複数の患者がこの男性の夢を見ており、みんなこの男性のことを「This Man」と呼んでいたことが判明したのです。

 サイトでは現在に至るまで、「This Man」の捜索活動が行われ、パリやドイツ、アジア、ブラジルなど世界中で2,000人を超える人たちが「夢の中で彼を見たことがある」と名乗りを上げています。

thisman2.JPG
サイトに寄せられた『This Man 』の絵 画像は「This Man」より

 夢で彼と遭遇した人たちは、

「一緒に空を飛んだ」
「疲れているのを励ましてくれた」
「窓の外からずっと凝視された」
「恋に落ちた」

 などなど、感想は多岐に渡るようです。

 サイト運営者は、「『This Man 』に遭遇して怖い思いをしている人を救う」「世界中の人が同じ人物に夢の中で出会う謎を解明する」という目的で活動を続けている、としているのですが…。


■“サブリミナル広告”実験なのか!?

 一体なぜこんな不思議なことが起こるのでしょうか?

 ユングの分析心理学や宗教論を基に、幾つかの理論がサイト内で紹介されていますが、中には「This Man」は実在の人物で、特殊能力によって他人の夢に入り込める“ドリーム・サーファー”理論などが論じられています。

 ですが一方で、実はこの「This Man」はイタリアのマーケティング専門の社会学者であるアンドレア・ナテッラ氏の“壮大なヤラセ”であり、「市場でデマが広がるスピードを調べる」為の実験なのではないか? という指摘も出てきています。

 氏はこのサイトの創始者で、「ゲリラマーケティング」なる会社を運営し、「破壊的悪ふざけ」をモットーにポルノや政治広告分野で怪しい芸術プロジェクトを進行しているのです。

 真実は如何に…!? みなさん、どうぞ良い夢を!
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Paranormal Phenomena」、「This Man

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年5月17日 08:53 | 返信

マーケティングだろうな。
アジアと言ったって、どのアジアだよ?w
アジアにも、彫の深い顔立ちの国はあるぞ?
平たい顔族の日本人にも、同じ男を夢に見た人間が一定数いるなら信じるがw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。