>  >  > 【核ミステリー】28歳のカレンはなぜ死んだ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

原発

,

核ミステリー

,

石川翠

615652-8bda8d12-f976-11e2-8a27-d52f6ab604f5.jpg
カレン・シルクウッド「news.com.au」より

 今からほぼ40年前の1974年11月のある深夜─―。28歳の女性の運転する車が、対向車線をはみだし、道路下の暗渠(あんきょ)に激突して、大破した。

silkwoodcar120.jpg

 ハンドルを握っていたのは、プルトニウム工場の労働者で、労働組合の活動家でもあるカレン・シルクウッド(Karen Silkwood/1946─1974・11・13)。警察はこれを単独の自動車事故、つまり自爆死と結論づけて幕引きをはかった。だが今日、彼女の死を疑いの眼で見ないものは1人もいない。捜査当局とFBIつまりアメリカ政府、そして全米の原子力関連企業とを除けば――。


■原子力関連企業カー・マギー社に就職

 カレンは1946年2月19日、テキサス州に生まれ、同州のネザーランドで育った。1年間、州立大学に通った後、1965年に石油パイプラインの労働者と結婚し、3人の子供をもうけた。しかしその後、1972年に離婚。単身、オクラホマシティに移転する。この時彼女は、5歳の長女に「ちょっとタバコを買ってくるから」と言い残して、家を出たという。長女のほかに残された2人の子供はそれぞれ3歳、18カ月だった。

nuclearpellets120.jpg
画像はペレット・燃料棒・燃料集合体「nuclear.duke-energy.com」より

 やがて彼女は、オクラホマ州のクレセントにほど近い、原子力関連企業カー・マギー社(Kerr-McGee)の運営するシマロン・プルトニウム製造工場(the Cimarron plutonium plant)で、時給4ドルの技術者として働きはじめた。彼女が受け持った仕事には、放射性プルトニウムのペレットが詰まった燃料棒(fuel rods)を研磨する作業が含まれていた。


■健康と安全について調べる→嫌がらせが始まる

 カレンはすぐさま、石油・化学・原子力労働組合(Oil, Chemical & Atomic Workers Union)に加わり、シマロン工場でのストライキに参加した。これが失敗に終わったとき、労働者の多くが組合を離れたが、交渉委員会のメンバーに選ばれたカレン(彼女は、組合の歴史の中で、この地位についた最初の女性だった)は、工場労働者の健康と安全の問題を熱心に調べだした。すると、盗聴やさまざまな嫌がらせが始まったのだ。

 まもなく彼女は、欠陥のある換気設備や、放射性物質のずさんな管理、また不十分なシャワー設備などが、労働者の汚染物質への暴露(放射線に被曝すること)を引き起こしていて、これが多くの健康規則に違反することに気づいた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。