>  >  > 「半分以下の脳」しかもたぬ男、なぜ不自由なく生きられるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:CTスキャン, MRI, 仲田しんじ, 医学, 水頭症,
「半分以下の脳」しかない男、なぜ不自由なく生きられるのか? 人体の奇跡!!

 ロシアの文豪・ツルゲーネフは2,012グラム、ドイツの鉄血宰相・ビスマルクは1,807グラム、プロイセン出身の大哲学者・カントは1,650グラム……。これは歴史上の偉人たちの脳の重さである。ヒトの平均は1,200~1,400グラムといわれているが、もし脳の7割が失われてしまったらどうなるのか?  実は2007年、脳の大半が失われているにもかかわらず、何の問題もなく日常生活を送っていた男性が...