>  >  > 世界で1人、トランプ勝利を的中させた予言者が日本にいた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
TrumpPrediction.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 今月8日に行われたアメリカ大統領選挙の一般投票では、共和党のドナルド・トランプ候補が勝利を収めた。事前予想の大半は民主党のヒラリー・クリントン候補の勝利に傾いていたため、世界中を驚愕させる結果となったが、このような事態をはっきり予言していた人物はいるのだろうか? また、トランプ次期大統領のもとで今後の世界はどう変化するのだろうか? 今回はそれらの疑問について考えてみることにしたい。


■トランプ勝利を予言していた、たった1人の予言者

TrumpPrediction_2.jpg
画像は「松原照子【幸福未来世見】」より引用

 まず、世界の著名な予言者たちの中で、トランプ氏の勝利を明確に予言していた人物だが、筆者の知る限り1人だけ存在する。それは、日本が誇る“世見者”こと松原照子氏だ。

 実は、今年に入ってから松原氏のブログ『幸福への近道』では、民主党のヒラリー・クリントン氏が大統領選に勝利すると解釈できそうな世見がいくつか書き込まれていた。しかし、大統領選の6日前となる今月2日に掲載された世見で、突然、大統領選とはまったく関係のない記事の追記として、「突然ですが『アメリカでは 女性大統領は誕生しない』 こんな声が 今聞こえてきました」と記されるのだ。これはつまり、クリントン候補は大統領にはなれないと言明したのも同然だろう。大方の見方を覆すような予言と、それが的中したという事実に、松原氏のブログを愛読する人々の間では衝撃が広がっているようだ。


■ババ・ヴァンガの恐るべき予言も的中コース!?

TrumpPrediction_3.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

 1911年に生まれ、1996年に84歳で他界したブルガリアの最高予言者ババ・ヴァンガ。過去の記事でも紹介したが、その的中率の高さゆえ、国家から公式にその超能力にお墨付きが与えられた盲目の予言者だった。

 そのヴァンガ女史だが、なんと、自らがこの世を去った後のアメリカ政治に関する予言まで残しているのだ。それによると、まず第44代大統領となる人物は「アフリカ系アメリカ人」だという。さらに、その人物が“最後のアメリカ大統領”になるとのことだ。つまりヴァンガ女史は、第44代大統領がアフリカ系のバラク・オバマ氏であることを言い当てたと同時に、オバマ氏を最後にアメリカに大統領はいなくなると予言しているというわけだ。これが一体どのような未来を暗示しているのか容易には理解できないが、私たちの想像を絶する事態が待ち受けているということなのかもしれない。

コメント

6:匿名2017年9月12日 18:02 | 返信

副島隆彦のことかと思ったら、違った

5:匿名2016年12月 1日 01:31 | 返信

>>4

だよね。記録がてらに長年見てるけどあれで当てたって…。松原氏も周りもなんかもうなりふり構わず必死な感じ。

4:匿名2016年11月30日 20:57 | 返信

松原照子は、マスコミがヒラリー圧勝を伝えていたころに、初の女性大統領誕生といって、形勢がトランプに傾いたら、逆のことを言い出したよね。

3:匿名2016年11月29日 22:50 | 返信

ババ・ヴァンガの予言が、外れまくってる事に 何故触れない。オバマの件とか、完全に後出しジャンケンじゃねーかwww

2:匿名2016年11月29日 20:31 | 返信

松原照子は詐欺師でしょ?
予言が外れたことをブログで言い訳してたり、東日本大震災の予言なんて実際は3/12に投稿してたのに、日付いじって2/16に投稿したように見せかけていたっていう・・・。

tocanaもわかってやってるでしょ?

1:匿名2016年11月29日 20:28 | 返信

松原照子は詐欺師でしょ?
予言が外れたことをブログで言い訳してたり、東日本大震災の予言なんて実際は3/12に投稿してたのに、日付いじって2/16に投稿したように見せかけていたっていう・・・。

tocanaもわかってやってるでしょ?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。