>  >  > 宇宙を漂流する超巨大メタリック球体の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 広大な宇宙の中を一人ぼっちで孤独にさまよう惑星がある――。浮遊惑星と呼ばれる“自由で孤独”な惑星なのだが、そうであるにせよ何かと奇妙な点が多い星が今、議論の的になっている。


■どこにも属していない謎の天体「CFBDSIR 2149-0403」とは?

 2012年に発見された、自由かつ孤独で、しかも奇妙な星が「CFBDSIR 2149-0403」だ。我々の太陽からおよそ100光年離れた宇宙空間を漂っており、木星の4倍から7倍ほどあるとされる大きな惑星である。発見されてしばらくは、母星を持たずに宇宙を漂流している浮遊惑星(rogue planet)だと見なされていた。そしてこれまで発見された浮遊惑星の中で、最も地球から近い天体であることからも専門家から注目を集めることになったのだ。

cfbdsir1.JPG
「CFBDSIR 2149-0403」(中央の暗い青) 画像は「Wwikipedia」より

 浮遊惑星、あるいは自由浮遊惑星とは、我々の太陽系のような恒星系からはじき出され、他の天体から重力的な影響を受けないまま宇宙空間を漂って(銀河系規模で公転して)いる天体のことである。

 最初は浮遊惑星の扱いを受けていたCFBDSIR 2149-0403だが、これまでに発見されている浮遊惑星との類似点が少ないことがわかってきた。発見されている自由浮遊惑星の多くが数百万年から1000万年程度の年齢の“若い”天体であるのに対し、観測の結果、このCFBDSIR 2149-0403の年齢は5000万年から1億2000万年を数えるものとわかり、ずば抜けて“老齢”な点が新たな疑問を生んでいる。

cfbdsir2.JPG
浮遊惑星のイメージ図 画像は「Wwikipedia」より

 こうした経緯もあり発見から数年して、ある研究者が「これは浮遊惑星でなく褐色矮星(brown dwarf star)ではないか」と指摘した。褐色矮星とは、普通の惑星というには巨大でありながらも、質量が小さすぎるために核融合を起こすことができず、太陽のような恒星になることができない天体のことだ。語弊を恐れずに言えば、いわば太陽の成り損ないである。

 しかしながら、CFBDSIR 2149-0403は褐色矮星に分類するには小さすぎたようだ。褐色矮星は最低でも木星の13倍以上の質量がなければならないということだ。浮遊惑星でもなく、褐色矮星でもないというCFBDSIR 2149-0403はいったい何者なのか……。

コメント

1:匿名2017年9月10日 14:32 | 返信

ダイソン球が既に実在したって事?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。