>  >  > 【衝撃】エイリアンが存在するかもしれない星を新たに20も発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 人類にとって“引越し先”の第一候補が火星であることは言うまでもないが、広大な宇宙の中には“優良物件”があふれているはずだ。現に先ごろ、地球の環境によく似たハビタブル惑星(居住可能惑星)が20個、NASAによって特定されたばかりだ。


■地球に酷似したハビタブル惑星「KOI-7923.01」

 太陽系外惑星の観測のために2009年に打ち上げられたNASAの探査機・ケプラーは4年間の観測で4000個以上の太陽系外惑星候補を発見してきた。その中には人類が居住可能である“ハビタブル惑星”も多く含まれ、人類の太陽系外進出の希望が膨らむと共に、地球外生命体を発見する可能性も高まっている。

extrasolarplanet1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 今年6月にもNASAは、水が存在し生命が維持できる可能性のある地球サイズの岩石惑星を新たに10個発見したと発表している。これまでにケプラーによって確認されたハビタブル惑星は50個ほどだといわれているが、「New Scientist」の記事によれば先ごろNASAが人類にとって最も居住に適したハビタブル惑星を20個も特定したということだ。逆に言えば、この20個の惑星には生物が存在する可能性が十分あるということにもなる。

 ハビタブル惑星の定義としては、我々の太陽に相当する恒星の周囲を、熱すぎず寒すぎない絶妙な距離をとって公転する水と大気のある惑星ということになるのだが、その中でも特に地球に酷似した惑星が「KOI-7923.01」である。大きさはなんと地球の97%とほとんど同じサイズで、1年が地球より1カ月長い395日ある。

「宇宙船を送る場所を1つ選択しなければならない場合、この惑星は悪い選択ではありません」とケプラー計画のリーダーであるNASAのジェフ・カフリン氏は先の「New Scientist」の取材に答えている。

extrasolarplanet2.JPG
画像は「New Scientist」より

 1年が1カ月長いことからもわかるように、地球よりもほんのわずか恒星から離れているため地表は現在の地球よりはやや寒く、シベリアくらいの気候であるという。しかしながら水が凍らない地域の面積は十分に広く、生物の生息に適しているということだ。研究者たちはさらに詳細な観測が必要だとしているが、遠い将来の人類が目指すにはかなり有力な“引っ越し先”といえそうだ。

コメント

6:トランプ大統領2017年11月11日 01:13 | 返信

人間が移住先してやばい宇宙人に出くわしたどうする?
移住先がなくなるくらい人類が増えて資源が枯渇し戦争になるかもしれない
地球ですらやばいのに問題を増やすのか?
どうなんだ?

5:トランプ大統領2017年11月11日 00:57 | 返信

人類に移住先は必要ない
その前に地球で
やらなければならないことがある

逆になんだその移住しなければならない
理由は?具体的に説明してみろ

様々な人の意見を聞いてみたいものだ

4:匿名2017年11月10日 00:18 | 返信
3:匿名2017年11月 9日 21:06 | 返信

「ニュートン」あたりと比較してコメントするのは間違いです。

2:匿名2017年11月 9日 17:49 | 返信

>>1

いやいや,トカナにしてはまともでいい記事だと思うよ.

1:匿名2017年11月 9日 16:48 | 返信

公転周期が地球より1ヶ月長いから寒いってねえ……呆れるほどの素人解説だぞ。
まあ、素人だから仕方ないけどさあ。
訂正しておいた方がいいぞ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。