• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 現代人の多くが悩まされている症状のひとつが頭痛だ。糖尿病、てんかん、ぜん息などよりも患者数が多いといわれている頭痛だが、これまでになかった特効薬が来年にも登場しそうだ。


■頭痛が半減する画期的新薬「エレヌバム」

migrainemiraclejab1.JPG
Quartz」の記事より

 現代人の多くが日々悩まされている頭痛は命に関わることは少ないために社会生活の中では軽視されがちである。しかしながらその症状は頭痛のみにとどまらず、めまいや吐き気、全身疲労、知覚過敏、場合によっては麻痺や昏倒も引き起こす可能性もある厄介な疾患だ。

 しかしながら頭痛に悩まされる人々には大きな希望がすぐそこまできているようだ。頭痛に極めて効果が期待できる新薬、エレヌマブ(Erenumab)がアメリカとヨーロッパで来年にも利用可能になる見込みが高いというのだ。

 先日、イギリスの権威ある医学ジャーナル「New England Journal of Medicine」で発表された報告によれば、現在このエレヌマブはアメリカ食品医薬品局と欧州医薬品庁による最終チェックを受けていて、2018年の早い段階で市販化される見込みであるということだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。