市民を組み伏せる、犬に銃を向ける…  警察の野蛮な姿がTwitterで拡散!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

Twitter

,

アメリカ

,

キャンペーン

,

警察

 アメリカのNY市警が、とあるユニークなPRイベントを開催した。それは「#mynypd」のハッシュタグを付けて、「警察官とともに写った写真をTwitterにアップしましょう」というもの。

 22日から開始されたこのキャンペーンは、警察の地位向上と、市民との友好の架け橋となることを目的に行われた。

 そして、開始後しばらくは警官と仲よく肩を組む市民の姿がTwitterのタイムラインに掲載されていた。

 しかし、時間が経つに連れとても友好的とは思えない市民と警官の写真がアップされ始めたのだ。写真の中には「無理やり組み伏せられた市民の姿」「警官が犬に向かって銃を向けているもの」など、警官の野蛮ともとれる瞬間をとらえたものもあった。

0424mynypd_01.jpg
Twitterより
0424mynypd_02.jpg
Twitterより
0424mynypd_03.jpg
Twitterより
0424mynypd_04.jpg
Twitterより

 もちろん、上のような写真だけではなく、市民とフレンドリーに接している彼らの姿も同様に掲載されている。しかし、写真のインパクトの違いなのか、残念ながら注目度が高いのは、前者なのは間違いないでだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。