大英博物館も驚愕! デンマーク鉄器時代のバラバラ遺体に性玩具…「未知なる不気味な習慣」とは?

大英博物館も驚愕! デンマーク鉄器時代のバラバラ遺体に性玩具…「未知なる不気味な習慣」とは?の画像2Skødstrupの位置。画像は「DailyMail」から


■鉄器時代における宗教儀式

大英博物館も驚愕! デンマーク鉄器時代のバラバラ遺体に性玩具…「未知なる不気味な習慣」とは?の画像3画像は「DailyMail」から

  大英博物館によると、多くの発掘物が示唆するとおり、武器を燃やし農場や集落の近くの川や湖、湿原といった場所へ納めるのが一般的な儀式であったという。なぜなら当時、「水」こそが霊界への重要な入り口だと考えられていたからだ。だが、こうした生け贄の習慣は今では広く知られていることであるが、実際にその証拠として人骨が見つかるのは非常に数少ない稀なケースなのだという。

 鉄器時代の宗教儀式に使われた幾多の偶像や彫像を調べてみると、神々や精霊を象ったものに人間の形が用いられることはなかった。また、そういった儀式を教会や寺院で行ったという記録が発見されていないことから、「神々は当時の人にとって非常に超越的かつ万物のなかに存在するものだと考えられていた」、と推測することができるのだと考古学者は考えているそうだ。

 モースゴー先史博物館の館長、Per Mandrup氏は、

「この注目すべき発見は古代の宗教儀式の解明に光を当てることになると大いに期待しています。過去に発見された様々な発掘物ともあわせて、素晴らしい結果を期待しています」

 と、語った。しかし……、とPer Mandrup氏は続ける。

「これらの新しい発見は我々の予想を完全に超えるものでした。人骨の発見はまさに今世紀最大の発見といえるかもしれないのです」

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

大英博物館も驚愕! デンマーク鉄器時代のバラバラ遺体に性玩具…「未知なる不気味な習慣」とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで