恐怖! 海外版コックリさん「ウィジャボード」の降霊アプリで悪霊に取り憑かれた少女→精神病棟へ

 今、一部の間にアプリを使った“降霊”が広がっているという。当然、遊び半分で行うことは決して許されない行為だが、ついに事件は起きてしまった。


■ウィジャボードで遊んだ後に原因不明のひきつけを発症

 まずは、この降霊アプリの元になった「ウィジャボード」だが、これは日本でいうところの「コックリさん」で利用する「文字が書かれた紙」のようなものだ。言うなれば降霊グッズで、商品化されているほど一般的だ。

 アメリカでは昨年秋にこのウィジャボードをテーマにしたホラー映画『Ouija』がヒットし、世界中でまたプチブームとなっている様子だ。しかも、最近ではオンラインソフトやスマホアプリにも登場するなど進化している。

ouijaboardapp1.JPG「Ouija Board」アプリの一例。※記事に関係はありません 画像は「Google Play」より

 そんななか、ペルーの首都リマで、18歳の少女がスマホアプリで降霊中に悪魔に取り憑かれてしまったという、ショッキングなニュースが入ってきた。現地紙が伝えたところによると、少女の名はパトリシア・キスペさん。週末に友人たち数人で集まっていた際に、ちょっとした肝試しの感覚で降霊ゲームをやってみようということになったそうだ。しかし、恐怖はここから始まった……。

 ゲーム自体は無事終了したが、帰宅したパトリシアさんは顔も真っ青で様子がおかしい。両親が慌てて救急車を呼んだ時には体が引きつけを起こし、口からは泡を吹いていた状態だったという。

 もしかして娘は変なドラッグか食べ物を口にしたのではないかと考えた両親は、一緒にいた友人らに聞いてみたところ、「ウィジャボードで遊んだ」という答えが返ってきたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ