15歳少年が、古代マヤ文明の遺跡発見!? グーグルマップを用いた画期的アプローチ

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 5月、あるひとりの中学生が古代マヤ文明の遺跡を新たに発見したとして世界中でちょっとした話題になった。まだ顔つきに幼さが残るカナダの15歳の少年、ウイリアム・ガドリー君が駆使したのはなんとグーグル・マップや衛星写真だ。


■15歳の少年が巨大マヤ遺跡を発見!?

kaakchi1.JPGグーグルマップの画像(左)と衛星からの撮影画像(右) 画像は「CBC News」より

 メキシコからキューバを臨む、カリブ海に面したユカタン半島を中心に栄えた古代マヤ文明は半島中に遺跡が複数点在しており、ほとんどが密林に覆われているため全容解明はされていない。今も発掘調査ができずに放置されている場所も多いのだ。

 およそ1700年前に生きた古代マヤ人は、収穫から死まですべての物事は天体の影響を受けていると考えており、豊富な天文知識を持っていたとされる。その天文知識が元で話題になった「2012年に地球は滅亡する」というマヤの予言がきっかけで、ウィリアム君は古代マヤ文明に興味を持ったそうだ。

 ウィリアム君は仮説を立てた。

 マヤの都市が川から離れた不便な山間部にあるのはなぜか? それは、マヤ文明では星が信仰されていたことから、星座と関連して都市を築いたのではないか?

 というものだった。

 こうして、23種のマヤの星座を研究した結果、マヤの117都市が22種の星座とそれを構成する142の星の位置と一致していることに気づいたウィリアム君。最も明るい星が最大規模の都市と一致することも突き止め、残る23番目の星座の最も明るい星と一致する都市がないことに気づいた。この研究が「モントリオール・ジャーナル」に取り上げられると、ウイリアム君は仮説検証のためにカナダ宇宙局に衛星画像の提供を依頼。グーグルマップと照らし合わせて、ジャングルの中にくっきりと区切られた四角い土地と建造物の残骸のような形が浮き上がっていることを確認し、この遺跡の正確な位置を特定したのである。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ