人間の意識が宇宙を形成する「参加型宇宙論」にガチ進展! この世は全て“想像の産物”、人間こそ“絶対的主役”、過去も変えられる可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

■足で蹴ると痛みが走る岩は実体物ではないのか?

participatoryuniverse2.JPGジョージ・バークリー(1685年-1753年) 画像は「Wikipedia」より

 参加型宇宙論から人間原理にさかのぼる流れには、さらに源流がある。18世紀の哲学者であり聖職者でのあったジョージ・バークリー(1685年-1753年)の人知原理論だ。

「存在することは知覚されることである」という基本原則を提唱したとされているバークリーは、世界は知覚の総体であり、モノの手触りを認識したとしても触覚という「知覚として」認識しているのであり、そのモノ自体の存在を把握したわけではないとしている。主観的に知覚した物事のみがその当人にとっての“現実”であり、その意味で物質は実体ではないととらえているのだ。これはくしくも、観測(知覚)することによって物事の“状態”が決定されるという量子論の考え方につながる部分があるとも言えるだろう。

 しかしながら当時においても、人知原理論のような極端な理論はなかなか学術界には受け入れられなかったようだ。

 18世紀イギリスにおいて、「文壇の大御所」と呼ばれた文学者のサミュエル・ジョンソンがバークリーと当時論争を交わした記録が残っている。世界のすべては我々の知覚を通じて心の中にあると主張するバークリーの主張に、サミュエル・ジョンソンは岩を勢い良く蹴ってつま先の痛みに耐えながら「かようにして私は反論する」と発言したエピソードが残っているという。

 力強く蹴れば人を負傷させるこの岩が実体物ではないのかと詰め寄ったジョンソンだったのだが、残念ながらバークリーに言わせればつま先の痛みという“知覚”によってこの岩が認識されたことになるだろう。科学界のメインストリームでは受け入れられないものの、このような人間原理系の理論はこの頃からなかなかしぶとく(!?)続いてきたとも言えるのだ。

コメント

1:匿名 2019年7月1日 00:24 | 返信

人間から見た宇宙はまさしくこれであると思う
しかし証明するには時間が足りなすぎた

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。