なぜヒトラーは「世界は氷でできている」と信じたのか?「宇宙氷説」理論の魅力、月は1つではない!?

なぜヒトラーは「世界は氷でできている」と信じたのか?「宇宙氷説」理論の魅力、月は1つではない!?の画像1画像は「Big Think」より引用

 ナチスが地球空洞説を信じて、その入り口を探しにチベットへ毎年軍隊を派遣していたことはよく知られている。だが、ヒトラーが確信していた驚愕の宇宙論はそれだけではないのだ。


■宇宙氷説

 海外メディア「Big Think」(20日付)によると、ヒトラーとナチスの高官は、「宇宙氷説」なるものを信じていたという。これは、オーストリアの技術者ハンス・ヘルビガーが1912年に提唱したもので、太陽系の起源を巨大な高温の天体に氷でできた別の天体が衝突したことに求める理論だ。一見したところトンデモ説だが、ドイツのアマチュア天文学者フィリップ・ファウトも月の表面が氷に覆われているという説にたどり着き、ハインリヒ・ヒムラーをはじめとしたナチスの高官に好意的に受け入れられたことで、ナチスの準公式学説に昇格していった。一体なぜそんなことになってしまったのか?

なぜヒトラーは「世界は氷でできている」と信じたのか?「宇宙氷説」理論の魅力、月は1つではない!?の画像2ヘルビガー「Big Think」より引用

 そもそも、ヘルビガーの宇宙氷説は物的証拠に裏付けられた学説ではなかった。1894年のある日、ヘルビガーが月を観測していたところ、突然、「月は氷からできている」という”ヴィジョン”が天啓のように頭に浮かんだというのだ。月の明るさや丸い形は氷でできているとしか考えられないとヘルビガーは確信したという。

「私はニュートンが間違っていること、太陽の引力は海王星の3倍の距離では無効になることを知っていました」(ヘルビガー)

 先述した通り、宇宙氷説は太陽系の誕生を巨大な氷の天体の衝突に求めるものだ。衝突によって小さい氷の天体が大量に生まれ、天の川銀河自体もこの時に発生したとされる。さらに、地球の月は今ある月が最初ではなく、氷でできた複数の月がかつて存在したが、地球との衝突で消滅したのだという。ヘルビガーの信奉者らは、後にこのアイデアを聖書に描かれた大洪水や伝説のアトランティス大陸沈没の原因と考えるようになる。

なぜヒトラーは「世界は氷でできている」と信じたのか?「宇宙氷説」理論の魅力、月は1つではない!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル