数千人分の頭蓋骨で作った古代アステカの生贄祭壇「ツォンパトリ」が発見される! 心臓をえぐって斬首し… 膨大な“名誉の証”に戦慄!

 昨年の夏、メキシコのアステカ遺跡で大量の人間の頭蓋骨が発見されたというニュースが世界を驚かせた。650体以上もの人骨がタワーのように積み上げられている様子は非常に衝撃的であったが、実はそれは氷山の一角に過ぎなかったという。新たに数千人分の頭蓋骨を並べて作った巨大祭壇の遺構が発掘されたという。英紙「Daily Mail」などが報じている。

数千人分の頭蓋骨で作った古代アステカの生贄祭壇「ツォンパトリ」が発見される! 心臓をえぐって斬首し… 膨大な名誉の証に戦慄!の画像1ずらりと並んだ頭蓋骨。 画像は「Daily Mail」より引用


■メキシコ首都に眠っていた祭壇

 メキシコの首都メキシコシティ、かつてのアステカ文明の中心地であったテノチティトランの上に建てられた都市で、またもや衝撃的な発見があった。巨大神殿テンプロ・マヨールの近くで数千人の人間の頭蓋骨を並べて作った巨大構造物が見つかったのだ。この場所では、昨年も650体以上もの頭蓋骨を積み上げて作った円柱(スカルタワー)が発見されて話題となったが(詳しくはこちらの記事)、それは人骨を使った巨大な祭壇の一部に過ぎず、その側には何千もの頭蓋骨が串刺しにされて並んでいたのだ。

 頭蓋骨の祭壇は「ツォンパントリ(Tzompantli)」と呼ばれ、アステカ以前の文明でも作られていたという。テンプロ・マヨールの側にあったツォンパントリは横36メートル、縦14メートルとバスケットボールのコートくらいの大きさの祭壇で、左右に大量の頭蓋骨をモルタルで固めて作った高さ1.7メートルにも及ぶスカルタワーが立ち、その背後には生贄の頭蓋骨を串刺しにして並べた棚がずらりと並んでいたと考えられている。

数千人分の頭蓋骨で作った古代アステカの生贄祭壇「ツォンパトリ」が発見される! 心臓をえぐって斬首し… 膨大な名誉の証に戦慄!の画像2ツォンパントリの構造。画像は「Science」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ