中国衛星「天宮2号」が1号に続いて“落下”の可能性! 人類滅亡の恐怖再び… 専門家もガチ危惧!

 今年4月、制御不能に陥り地球に落下した中国の軌道上実験モジュール・天宮1号。その後継機である天宮2号の不気味な動きが話題となっている。中国政府が沈黙する一方、地球への落下が近いとして米国当局が警戒を強めているという。英紙「Daily Mail」などが報じている。

中国衛星「天宮2号」が1号に続いて落下の可能性! 人類滅亡の恐怖再び… 専門家もガチ危惧!の画像1天宮2号 画像は「Daily Mail」より引用

■天宮1号の恐怖再び?

 問題の天宮2号は中国が2016年9月15日に打ち上げた宇宙ステーションの試験機で、全長10.4メートル、直径4.2メートル、質量は8600キログラムの宇宙実験室である。打ち上げの1カ月後の10月19日、有人宇宙船・神舟11号とドッキングし、およそ30日間さまざまな実験に使われた。翌2017年には無人補給船・天舟とのドッキング試験や給油が行われ、その役目を果たした。

中国衛星「天宮2号」が1号に続いて落下の可能性! 人類滅亡の恐怖再び… 専門家もガチ危惧!の画像2天宮2号の打ち上げ。画像は「Daily Mail」より引用

 天宮2号はその後も衛星軌道上を周回していたが、6月13日から奇妙な動きを見せているという。アメリカ戦略軍の公表した軌道の情報によれば、天宮2号は高度380~386kmから292~297kmに降下した。そして10日ほどその高度に留まった後、元の高度へと戻っていったようだ。この情報について、中国当局からの公式な発表は今の所ない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ