【速報】南極の下に隠された「失われた大陸」2億年の歴史が判明! 衛星画像が大陸の謎の全てを暴く!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 地球上で最も謎多き大陸・南極。最新の科学はその秘密のベールを徐々に引きはがしつつある。このたび欧州宇宙機関(ESA)の衛星画像が明らかにしたのは、過去2億年にも及ぶ南極大陸の壮大な歴史である。英「Daily Mail」ほか、多数メディアが報じている。

1112goce-4.jpg
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 厚さ1.6kmにも及ぶ分厚い氷に隠された南極大陸は、その姿すらよく分かっていないという。だが今月5日、ドイツやアメリカの研究者チームがオンラインジャーナル「Scientific Reports」に、南極大陸の地形や構造、そしてその形成に至る過程を明らかにする新たな研究成果を発表した。

 研究に使われたのはESAの「Gravity Field and Steady-State Ocean Circulation Explorer (GOCE)」という人工衛星で、2009年3月から2013年11月までの4年間、高度225kmという地球の表面にとても近い距離(国際宇宙ステーションは高度408km)から地球を観察し続けた。この人工衛星は地球の重力を観測することで、他の衛星からでは見ることのできない、氷に閉ざされた南極大陸の姿も捉えることができるのである。

1112goce-3.jpg
GOCE。画像は「Daily Mail」より引用

 GOCEはすでに墜落してしまったが、科学者たちはその大量のデータを詳細に分析し、プレートテクトニクスによって南極大陸がどのように形成されたのかを明らかにした。

コメント

1:トランプ大統領2018年11月14日 01:53 | 返信

プレートテクトニクス理論などという岩盤が地球の中に引っ張り込まれるなどという
科学的にあり得ない学問を信じていたら永久にたどり着くことなど出来ない。
大陸が昔一つだったと、バカげた話をどうやって仮説で説明するのだ。
いや、本当のことを言うと存在Xが窮地に陥るから学問を捏造して騙しているのだ。
大陸を調べたいのなら、南極の氷を削って地面を掘り起こした方がよい。
エイリアンが出てくるかもしれん。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。