「見ると運気が下がるサイトを発見」辛酸なめ子が暴露! 転倒して血だらけに…高次元イルカの小説『ヌルラン』出版記念インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
51svASHd4GL.jpg『ヌルラン』(太田出版)辛酸なめ子新刊! かなり笑えて、しかも感動。今の時代の流れが早すぎてちょっと疲れている人や、悩みがある人におすすめ(トカナ編集部)

 辛酸なめ子さんの書き下ろし小説『ヌルラン』(太田出版)が10月12日刊行され、話題を呼んでいる。同書はなめ子さんのオカルト・スピリチュアルな知識と現代のネット社会が抱える問題を融合させたまったく新しいミステリー小説だ。

<あらすじ>
『ヌルラン』は、人気ブロガーのレミが主人公だ。しかしレミは、インスタグラムの流行にすっかり乗り遅れて、仕事が減りつつあり、悩みの絶えない日々を送っていた。そんな時、ひょんなことからレミの守護霊はゲイのイルカ「ヌルラン」であることを知る。やがて、ヌルランはレミが困った時にさまざまな助言をしてくれるようになった。そんなヌルランとの不思議なやり取りをしながら、レミはスピリチュアルにハマったり、暗黒面に傾いたりしながら話を展開させていくが――。

 レミの周りには“IT系”の人々を中心に「スピリチュアル系女子仲間」「人気インスタグラマーで、10万人以上のフォロワーを誇る超一流インフルエンサー」「ユーチューバー」「陰謀論者」などアクの強い人物ばかりが登場し、リアルな会話を繰り広げるが、ゲイのイルカの「ヌルラン」も、実際になめ子さんに憑いていた守護霊が元になっている

 もともとイルカ好きであったなめ子さんだが、2011年にイルカのチャネラー”ドルフィニスト綾子さん・篤さんのセッションを受けて、なめ子さん自身にシリウスの近くの“イルカの星”に住んでいる「ヌルラン」という名前のベージュ色のゲイのイルカの守護霊が憑いていることを初めて知ったのだった。なめ子さんは、その体験から着想を得て、実体験などをもとに『ヌルラン』を執筆した。TOCANAではこのたび、なめ子さんに、オカルトやスピリチュアル感満載の直撃インタビューを敢行した。【1回目はこちら】【2回目はこちら】

1812nururan-8.JPG辛酸なめ子さん

■ネットから来る負のオーラで怪我をする!?

――オカルトバラエティ番組「緊急検証!」(CS放送ファミリー劇場)の映画に出られるというお話を聞いたのですが。

なめ子 そうですね。来年の1月11日に公開なんですが、コメンテーターみたいな形で出演しています。実はこの映画の収録の時にすごい咳喘息で、数秒に一回吐き気がする咳が出るという状態だったんです。体調が悪くて吐き気をこらえながらしゃべっていたので声がヤバイです。よりによって収録の日に何で咳喘息になるのかなと思いました。

――その日に急になったんですか?

なめ子 いえ、その前後数週間ぐらいですかね。

――もしかして、やばい場所に行かれましたか?

なめ子 今年はすごい咳に悩まされて、そもそもお正月に富岡八幡宮にお参りに行ってしまった影響ではないと良いのですが……。そして最近も、歌舞伎町で飛び降り自殺が続いているビルについて、いろいろネットで調べたんです。そしたら、次の日に、なんてことはない道で激しく転倒して怪我をして血だらけになってしまったんです。投身自殺の記事を調べまくった後だったんで、血を流して道に倒れている自分がまるで投身自殺した人にそっくりだと感じました。

――ええ! 倒れた時の周囲の状況はどうだったんですか?

なめ子 店の中から人が飛び出して来て、人だかりができて結構な騒ぎになりました。怪我をしたから手とか肘に、一ヶ月ぐらいかさぶたがあったんです。なので、ネットでも負のエネルギーが来るから、歌舞伎町の自殺物件とか興味本位で調べちゃいけないんだと思いました。

 あとは、そこまで激しくないのですが映画『万引き家族』を見た後に道で転んだりしました。あれは、貧しい貧乏家族が放つ妖気というか負のエネルギーがすごい映画でしたから。

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメント

3:匿名 2019年3月9日 23:35 | 返信

 ネットだけじゃなくて紙媒体でもテレビでも電話でも、繋がりを持つ媒体あればどっからでも影響受けるよ。
 それと、私もオカルトブログやってるんだけど、まさかなめ子さんうちのブログ見に来たこと・・・絶対ないわな(笑 
 かなりの期間放置プレイ中だし。
 てか、このコメントからでもしっかり影響受ける人は受けるから、私の超闇波動?すぐにバレるね~

 結構前に、霊視担当の相手とネット回線通じて共同で浄霊(←除霊ではない)やった際に私の部屋の蛍光灯に向かって黒い筋伸びてたんでそこをデジカメで撮影しようとすると既に、オーブがブドウみたいに塊になってデジカメ画面に出てきたなぁ。
 しっかり写ったけどね。
 原因は私の部屋にあるインポートの壁掛けマリアのメダイ。ネット上で言い当てられて先のような事することになったわな(
 抜けたのはいいけど、宗教関係のものは特に寄り付きやすいっていうの改めて認識させられたなー。
 特に【聖母子と子羊像(←ブーグロー"イノセンス"がまんまフィギュアになったもので世界的に有名な工房の製品)】、あれだけは絶対に駄目だって言われた。
 買ったのに予定日過ぎても来ないんで売り手に連絡すると運輸事故あったらしく気づいたら全額返金されてた。
 これを報告すると、来なくてよかったと告げられ「その工場で死人が出てます。マリアさんは大丈夫ですけど死者が赤ちゃんに乗り移ってて気持ち悪い」って続けて返って来たんだよね・・・

 ホント、人格崩壊前はしっかりしてたのになぁ

2:匿名 2018年12月31日 07:58 | 返信

ここは嫌だな、と思えば行かない方が良いですよ!と師匠の内の1人に言われた。その師匠に合う一か月前にはもう1人の別の師匠に会っていたけど、この2人に会ってから自分の謎のスピリチュアル?に近い能力が上がった。元々あったものなのかは不明。その2人に遭うと必ず自分の霊媒体質が上がるというか自分に触れた時に開花したような感覚を受けた時からずっと不思議な感覚がある。

1:匿名 2018年12月31日 03:43 | 返信

TOCANA の閲覧注意コーナーのことか!!!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。