イルカの守護霊、スピリチュアル、陰謀論、タロット、UFOチャネリング…辛酸なめ子が小説『ヌルラン』の世界を語り尽くす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
51svASHd4GL.jpg
『ヌルラン』(太田出版)辛酸なめ子新刊! かなり笑えて、しかも感動。今の時代の流れが早すぎてちょっと疲れている人や、悩みがある人におすすめ(トカナ編集部)

 辛酸なめ子さんの書き下ろし小説『ヌルラン』(太田出版)が10月12日刊行され、話題を呼んでいる。同書はなめ子さんのオカルト・スピリチュアルな知識と現代のネット社会が抱える問題を融合させたまったく新しいミステリー小説だ。

<あらすじ>
『ヌルラン』は、人気ブロガーのレミが主人公だ。しかしレミは、インスタグラムの流行にすっかり乗り遅れて、仕事が減りつつあり、悩みの絶えない日々を送っていた。そんな時、ひょんなことからレミの守護霊はゲイのイルカ「ヌルラン」であることを知る。やがて、ヌルランはレミが困った時にさまざまな助言をしてくれるようになった。そんなヌルランとの不思議なやり取りをしながら、レミはスピリチュアルにハマったり、暗黒面に傾いたりしながら話を展開させていくが――。

 レミの周りには“IT系”の人々を中心に「スピリチュアル系女子仲間」「人気インスタグラマーで、10万人以上のフォロワーを誇る超一流インフルエンサー」「ユーチューバー」「陰謀論者」などアクの強い人物ばかりが登場し、リアルな会話を繰り広げるが、ゲイのイルカの「ヌルラン」も、実際になめ子さんに憑いていた守護霊が元になっている

 もともとイルカ好きであったなめ子さんだが、2011年にイルカのチャネラー”ドルフィニスト綾子さん・篤さんのセッションを受けて、なめ子さん自身にシリウスの近くの“イルカの星”に住んでいる「ヌルラン」という名前のベージュ色のゲイのイルカの守護霊が憑いていることを初めて知ったのだった。なめ子さんは、その体験から着想を得て、実体験などをもとに『ヌルラン』を執筆した。TOCANAではこのたび、なめ子さんに、オカルトやスピリチュアル感満載の直撃インタビューを敢行した。【1回目はこちら

1812nururan-7.JPG
辛酸なめ子さん

■スピリチュアルにハマる理由

――『ヌルラン』でびっくりしたのは、主人公のレミがスピリチュアルに傾倒してやがてヌルランに出会うことで、素晴らしい人になるかと思いきや、逆にダークサイドに寄っていくという展開です。でも、最後にものすごいどんでん返しがあって……すごく面白い小説でした。 レミは、やっぱりなめ子さん自身をモデルに描かれているのでしょうか?

なめ子 ありがとうございます。レミは、私自身という感じではなく、他の人のことを織り交ぜて描きました。レミのキャラ設定としては、ちょっとうまくいっていなくて迷いが多くて、SNSのインフルエンサーになりたいけれど、なかなかなれない若めの感じですかね。

――実際に若者でイケイケの感じでも、スピリチュアルにはまっている人は多いのでしょうか?

なめ子 スピリチュアル系だとコアな層は、40代前後なのかもしれませんが、自己啓発や引き寄せ系は若者の方も結構いらっしゃいますかね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。