「自身のドッペルゲンガー」を発見してしまった有名モデル!見た瞬間、前世の存在を確信した驚愕の理由とは!?

 イギリスのアーティスト、マイケル・コロピスさん(24)は、19世紀の貴族の調度品を集め、衣装をまとって活動する人物だ。そんな彼に、最近驚くべき出来事が起きた。友人から送られてきた古い写真に、自分に瓜二つの人物が写っていたのである——。

Man convinced he has had a ‘past life’ after spotting doppelganger in 1905 photo (Mirror)

マイケルさん。画像は「Mirror」より引用

 マイケルさんは英マンチェスターの南東にあるストックポート出身で、古典的な技法を用いた肖像を画家として知られるほか、Instagramに1.5万人のフォロワーを持つモデルでもある。彼はヴィクトリア朝時代のライフスタイルに強いこだわりを持っており、家では19世紀の骨董品に囲まれ、文字を書くときには羽ペンとインクを使い、外出時の服装にも強いこだわりを見せる。Instagramのアカウントには、シルクハットに燕尾服、襟を立てたシャツに黒いタイ、暗い色のジャケットなどなど、いかにも19世紀イギリス貴族という服装に身を包んだ彼の写真が多数アップされている。

画像は「Instagram」より引用

 そんな彼に、最近驚くべき出来事があった。Instagramで送られてきた古い写真に、自分とそっくりな顔の男性が写っていたのである。それは1905年に撮影された白黒写真で、新婚の夫婦の仲睦まじい様子を写したものである。写真の男性は、当然マイケルさんではありえない。

 

1905年の写真。画像は「Mirror」より引用

 まさにドッベルゲンガーの姿を写したともいえる写真を見たときの驚きを、マイケルさんは英「Mirror」の記事(7月27日付)に次のように語っている。

「それが私ではないと気付いた時、本当に驚きました。同じ髪型に顔の形、鼻、服装のセンスに至るまでそっくりだったのですから」(マイケルさん)

画像は「Instagram」より引用

 当初はフェイクを疑って調べたというが、115年前に撮影された本物の古写真であった。最近では、インターネット上で彼のことを「タイムトラベラー」と呼ぶ人もいるくらいである。

 そして、マイケルさんは一つの結論に達した。

「私は19世紀に心を奪われ、服装からライフスタイルまでそれに捧げてきました。その理由が私の前世にあったのでしょう」(マイケルさん)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ