【ガチ】「テレパシーでPCを破壊する兵士が誕生」ロシア国防省がまじ発表! 超能力スパイ、メタコンタクト、戦闘超心理学…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 機密指定が解除されたDIA(アメリカ国防情報局)の文書では、ソ連が幽体離脱研究に取り組んでいたことが明らかになっている。その時の手法は今回明らかになった戦闘超心理学テクニックの1つと類似している。

「1970年代の終わり頃、ソ連外交官は大使館の椅子に座りながらESP(超感覚的知覚)によって、敵国の機密を盗み出すことができた。そういったスパイは催眠状態に陥り、目に見えない彼の“霊体”が肉体を離れ、大使館の機密施設に潜入。そこで最高機密の文書を盗み見る。こうしたアストラル・プロジェクションの試みはすでにラボで成功している」

【ガチ】「テレパシーでPCを破壊する兵士が誕生」ロシア国防省がまじ発表! 超能力スパイ、メタコンタクト、戦闘超心理学…の画像3
画像は『Armeisky Sbornik』より引用

 

 また、敵国の政府の高官や軍幹部に精神的な作用を与えてコントロールしたり、殺害する研究も行われていたそうだ。

2014年にはアメリカ海軍研究所も“予知能力”や“直感能力”を調査するため、400万ドル(約4億5千万円)をつぎ込んだ4年間に渡る研究計画を発表している。もしや世界は超能力開発競争に突入しているのだろうか? 今後も両国から目が離せない。

 

参考:「Business Insider」、ほか

文=編集部

コメント

3:匿名 2019年4月9日 03:11 | 返信

テレパシーてなんや。
脳波みたいなもんか?
じゃあその理論だとPCに何かのレセプターがあって、それをPCが検知できん限りなんの影響もないやろ。
それとも、目から放射能ビームでも出すんか?それならPCも壊れてくれるで。
「こんなもんあったらいいな」ぐらいにしとき。結局ここには証言だけで、証拠もあらへんがな。
妄想と願望がちょうどいい具合に、キチガイらしく集まってるだけ。

2:匿名 2019年4月8日 11:08 | 返信

コーリー・グッド氏も言ってるよ。SSPで彼はエンパスとして異星人の尋問にあたってた。
異星人が嘘をついているか判るんだってさ。

1:匿名 2019年4月7日 05:52 | 返信

知ってるよ。30年くらい前の矢追さんの番組でやってた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。