ノストラダムスの予言「恐怖の大王」の真の正体判明! 1999年人類滅亡は間違い、真実はもっと恐い!?

ノストラダムスの予言「恐怖の大王」の真の正体判明! 1999年人類滅亡は間違い、真実はもっと恐い!?の画像3
画像は「Getty Images」より引用

■なぜキリスト教徒にとってイエスは“恐怖の存在”でもあったのか?

 まず、この「大王」だが、原文ではgrand Royと記されている。英語でいえばグレート・キングである。つまり「恐ろしいが偉大な王でもある」というニュアンスだ。

 聖書に詳しい人なら分かると思うが、イエスはしばしば「王」になぞらえられている。しかも、終末にやって来るとされる「審判の日」に人々を裁く役割を担っている。その際には誰も自分の罪から逃れられないとされている。

「アウト」だと「永遠の火」の中に投げ込まれ、「永遠の罰」を受けねばならない。

 すると、人々にそのような審判を下す「大裁判官イエス」は、東洋でいう閻魔大王よりもはるかに怖い存在であり、当然「恐怖の対象」と考えられても不思議ではない。

 カトリックのミサでは、イエス・キリストを指して「Rex tremendæ:レックス・トレメンデ」と称することがある。

 Rexはラテン語の「王」だ。一方、tremendæに相当する正確な日本語はないらしいが、英語のtremendousの語源といえば何となく意味が分かろう。英語のtremendousは「巨大な、とてつもない、恐ろしい、凄まじい」の意味だ。日本語では「恐るべき御稜威(みいつ)の王」などと訳される。この「みいつ」とは「御威光」のことで、普通は神や天皇にしか使われない。

 しかし、これは日本的な権威付けの表現であって、直訳なら「とてつもなく恐ろしい王」くらいが妥当ではないだろうか。

 要するに、キリスト教圏では審判者イエスを指して、そういう表現すら用いるのだ。

 そう考察すると、「恐怖の偉大な王」とは、キリスト教に強力に支配されていた当時のフランス人の、畏怖を込めたイエス像にぴったりであるとは言えないだろうか。

 このように「アンゴルモアの大王」と「恐怖の大王」が具体的に何を指すのかが分かれば、「1999年の詩」が決して人類滅亡を予言するものでないことも分かるはずだ。

 繰り返すが、1999年人類滅亡説はあくまで「五島説」に過ぎないのである。

※ 中編(5月1日16時に配信予定)では、予言詩をついに完全解読! 驚くべき真相が判明する!

(超常分野研究家・山田高明 個人サイト「新世界より」「フリー座」)

ノストラダムスの予言「恐怖の大王」の真の正体判明! 1999年人類滅亡は間違い、真実はもっと恐い!?の画像4画像は、『神々の予定表 アジェンダ』より

文=山田高明

●オカルト研究家・ 山田高明が満を持してYouTubeチャンネルを開設!!

「TAKAの真オカルト学院」

●山田高明超常分野研究家

一般の学問外に位置するスピ系・聖書預言・影の政府と陰謀論・エイリアン問題などの「超常分野」に詳しい。その種のオカルト知識と現実の政治・経済・歴史の知識を併せ、世界の秘密に迫ろうとしている。かつてはオカルト批判派だったが、今では2020年代・30年代の人類史的危機に警鐘を鳴らす側に回った。その一端を記した近著『神々のアジェンダ』(サイゾー刊)が話題になる。現在、ブログフリー座は月間30万アクセス程。その他新世界よりも好評運営中。

現在、「note」で「無料で読める小説」を好評発信中!
『探偵小笠原裕美 ダブルトリック』
『探偵小笠原裕美 たった一つの計算外』
『奇跡のたくらみ』
『幸せな暴走 夏の奴隷』
『もしもし』

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

ノストラダムスの予言「恐怖の大王」の真の正体判明! 1999年人類滅亡は間違い、真実はもっと恐い!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル