「がんに手かざしエナジー療法が効いた」査読付きの科学誌が実験結果を掲載! 保存されたヒーリングパワーにも効果…超能力発芽も!

ハンドパワー”は存在するのか――。最新の“非物質科学”ではその問いそのものが愚問であることを指摘している。目に見えず、計測もできない意識の世界が現実物質界に影響を及ぼしていることは自明であるという。

■手かざしのパワーでがんの発現を抑制 

 これまでに超心理学や量子物理学の分野で行われた数え切れないほどの研究によって、人間の思考、意図、そして全体的な意識は、物質的世界とある種の関係を持っていることが示唆されている。例えば箱の中にいる猫(シュレーディンガーの猫)の生死を決定するのは意識を持った人間の“観測”なのである。

 計測することも検知することもできない“パワー”が存在することは疑う余地もないということになるのだが、では“ハンドパワー”のメカニズムはどうなっているのだろうか。

 ご存じの通りイエス・キリストや仏陀をはじめとする聖人が、病に冒された人々に手をかざして治療したという話がこれまでにいくつも残されている。この“ハンドヒーリング”や“手かざし療法”の実態はどのようなものなのだろうか。

「がんに手かざしエナジー療法が効いた」査読付きの科学誌が実験結果を掲載! 保存されたヒーリングパワーにも効果…超能力発芽も!の画像1
「Collective Evolution」の記事より

 アメリカの医薬品会社「Beech Tree Labs」をはじめとする合同研究チームが2018年7月に査読付きの 科学雑誌「Dose-Response」で発表した研究では、乳がんの治療に“手かざし療法”が有効であるのかどうかを探っている。しかもこの実験では、直接“ヒーラー”の手をあてるのではなく、ヒーラーのヒーリングパワーを封じ込めたコットンと記録した電磁気媒体を介して、乳がん細胞の変化をモニタリングしたのだ。結果を先に言えば、保存されたヒーリングパワーでも、細胞の発がんを抑制できることが確認されたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ