「がんに手かざしエナジー療法が効いた」査読付きの科学誌が実験結果を掲載! 保存されたヒーリングパワーにも効果…超能力発芽も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

ハンドパワー”は存在するのか――。最新の“非物質科学”ではその問いそのものが愚問であることを指摘している。目に見えず、計測もできない意識の世界が現実物質界に影響を及ぼしていることは自明であるという。

 

■手かざしのパワーでがんの発現を抑制 

 これまでに超心理学や量子物理学の分野で行われた数え切れないほどの研究によって、人間の思考、意図、そして全体的な意識は、物質的世界とある種の関係を持っていることが示唆されている。例えば箱の中にいる猫(シュレーディンガーの猫)の生死を決定するのは意識を持った人間の“観測”なのである。

 計測することも検知することもできない“パワー”が存在することは疑う余地もないということになるのだが、では“ハンドパワー”のメカニズムはどうなっているのだろうか。

 ご存じの通りイエス・キリストや仏陀をはじめとする聖人が、病に冒された人々に手をかざして治療したという話がこれまでにいくつも残されている。この“ハンドヒーリング”や“手かざし療法”の実態はどのようなものなのだろうか。

「Collective Evolution」の記事より

 アメリカの医薬品会社「Beech Tree Labs」をはじめとする合同研究チームが2018年7月に査読付きの 科学雑誌「Dose-Response」で発表した研究では、乳がんの治療に“手かざし療法”が有効であるのかどうかを探っている。しかもこの実験では、直接“ヒーラー”の手をあてるのではなく、ヒーラーのヒーリングパワーを封じ込めたコットンと記録した電磁気媒体を介して、乳がん細胞の変化をモニタリングしたのだ。結果を先に言えば、保存されたヒーリングパワーでも、細胞の発がんを抑制できることが確認されたのだ。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

3:匿名 2019年5月20日 13:59 | 返信

ヒーリングパワーかなんか知らんけど、そのパワーの検証のための実験なのに、それがコットンに封じ込められてるってことが、なんで客観的にわかるんだ?・笑 つまりパワーが存在すること前提に(仮定してと置き換えてもいいが)、結果を比較評価する上で手とコットンの二手法を採用したにすぎず、研究者らはだれもこの時点でも実験後もパワーを確認しましたなんてことは言ってないんだよ・笑 ただ、パワーの存在有無に関係なく、この実験において細胞への応答が見られたということをレポートしているだけ。文系の人間に多いが、ほら見ろ結果が出た、イコール存在確定てな短絡的な思考に陥りやすいのな。これ書いたやつも引用した英文のオリジナルを正確に読み解いてないんだろうな・笑 この研究てのは、要するに人を含めた動物に内在することがすでに自明な生体電磁性やら赤外線効果やらとは異なるパワーがあるのかないのか、あるいはそれがあると仮定した場合、細胞にどう影響するかってことを調べてるんだろ? ヒーリングパワーそのものが確認されたわけじゃなく、巷に馴染みの深いそういうスタイルで被験者にアプローチした場合、それが実際の物理的生体的パワーによるものか、あるいはただのプラシーボ効果によるものかはよくわからんけど、なにかしら細胞の応答性は見られたわってレベルの話じゃん。要するに「お腹痛いの痛いの飛んでけ―」てやると、ほんとに生体に細胞レベルの変化が起こるのかどうか調べてみたってことだろ。生体電磁性の細胞応答や近赤外光によるイメージングやら透過性やらってことは、すでに10年、20年も前から研究されてて、それ以前にも遠近にかかわらず赤外線による生体反応は確認済み。だから、それ以外にもヒーリングパワーなるものが実在するというのなら、この実験で確認された応答性が、そうした生体電磁性や赤外線効果あるいはプラシーボ効果等々ではないことを証明しないとね。オリジナルを正確に読めば、論文のぬしらが「ヒーリングパワーってたしかにあるよ」とはいってないことくらいはわかるはずだけど。ちなみにヒーリングとも超能力とも関係ないけど、ガンの進行や治療結果に、患者の思考や感情、精神が少なからず影響するということがすでに臨地的な常識となっている。なので、自称パワーを持つ人間(自称ヒーラー?)であっても、そういうパワーを信じている人間に対峙すれば、被験者、患者には相当なプラシーボ効果がもたらされるとは思うよ、個人的には。まあ、人間じゃなくて癒し犬や猫でもいいんじゃね、とも思うけど・笑

2:匿名 2019年5月10日 20:14 | 返信

手かざし療法で思い出したけどベティシャインの本まったく読んでないや。買ったはいいけど1ページも読んでない。

1:匿名 2019年5月10日 05:31 | 返信

おい!否定派‼️なんかゆーてみーや!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。