「植物に意識はあるか否か」科学者の間で白熱する論争がつまらないワケとは!? 最新の量子脳理論を考慮すべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

,

,

,

,

,

「植物に意識はあるか否か」科学者の間で白熱する論争がつまらないワケとは!? 最新の量子脳理論を考慮すべきの画像1
画像は「The Guardian」より引用

 

 植物は人間に触られることを嫌っているなど、その知られざる一面が明らかになりつつあるが、いま科学者らが頭を抱えているのは植物の意識の有無についてだ。

 英紙「The Guardian」(7月3日付)によると、「植物神経生物学」と言われる分野に代表されるように、植物にも「脳のような中央指令室」があると考える生物学者が増加しているが、米カリフォルニア大学の植物学者リンカーン・タイズ氏らは、早くも2006年にそうした“感情論”に異を唱えていたという。

・「Group of biologists tries to bury the idea that plants are conscious」(The Guardian)

「植物が要求し、それ故に生存もしくは再生産のために意識、感情、意図といったエネルギーを大量に消費する精神機能を発達させた、という証拠はひとつもない」(科学ジャーナル「Trends in Plant Science」掲載の論文)

 そして、タイズ氏はいまも考えを変えていないと「The Guardian」に語っている。

「植物神経生物学者に対する我々の批判は、彼らが脳組織の重要性、意識現象の複雑性と特殊性を考慮していないということです」(タイズ氏)

「植物に意識はあるか否か」科学者の間で白熱する論争がつまらないワケとは!? 最新の量子脳理論を考慮すべきの画像2
画像は「getty images」より引用

 

 確かに植物に見られる単純な反応から、すぐさま脳のような機能があると考えることはできない。それは、植物の認知能力を専門に研究している豪・シドニー大学のモニカ・ガクリアーノ氏も認めていることだ。ただし、ガクリアーノ氏は、タイズ氏ら批判者は自分たちにとって都合の良い研究しか見ていないと非難している。

「私にとって、厳密な科学を通して知識を生み出すプロセスは、主張の背後にある証拠を理解することです。実験データはどこですか? もしかして、彼らの主張を鵜呑みにするのですか?」(ガクリアーノ氏)

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年7月9日 16:59 | 返信

>> 6

どいつが本物トランプでどいつが偽物トランプなのか区別がつきにくい。
この人は本物だと思うのでいいかげん見分け方が知りたいね。
偽物が現れたら攻撃してくれると見分けがつきやすく助かるが?

6:トランプ大統領 2019年7月9日 02:00 | 返信

>> 5

手を合わせても何がどうなるというのか?
お肉さんや植物さんは人間のやることなど理解出来ないし何も感じないだろう。
まず、人間と意思疎通をせねばならんと思う。それから喰えよ!
それだけ努力してから、食うことが供養ってものだろう。植物の意識というのはポリグラフで調べたという奴だろう?あれは本当か疑わしいものだ。実験した動画があればいいのだがな。
この記事の理論からして物質にも意思があって記録されているのだから、お前ら嘘を吐いたり、蔑ろにしていたら、宇宙中を敵に回しているのと同じだ!!必ず集団で報復されて分解されても文句は言えない。どこに行っても宇宙の意思によって攻撃に晒され淘汰されることになるだろう。
相手も相討ち覚悟で正義を実行してくるはずだ。
自分の体の成分なども、すべて意思をもっているとなれば体が制御不能になって違う物に分裂しまくって例えば癌になったりするのかもしれんし、それどころがみんな合体してキングスライムになったりしそうだ。うーむ。まずありえんな。
またこうも考えられる。地球をいじめすぎて何光年も先から見ていた恒星たちが怒って、超新星爆発して、地球めがけてガンマ線バーストして殺人光線やブラックホールをぶつけてこようとするかもしれん。または隕石が集団で攻撃をしてくるかもしれんぞ?はっはっはっはっ!
もう悪い事は出来んな。
ここで私の物まねをしてコメ書いている奴は人間では無いな。
私が立て続けに書き込んで指摘しているので、人をパクって人間として演じて理解をしていたAIは自身の持病の発作が出て、それに修復機能が付いていけずに自己破壊している感じだ。
一言でいうと火病って、まるで寺内樺風のようになっている。
サイバイマン作ってダンスでも披露してもらいたいものだ。
まぁ、食べても物質が体の中に入るだけと考えれば、何を喰っても問題は無い。
余りにも力を加えて体の中に入れたり出したりして弄んでいると虐めになるので、物質が怒るかもしれんなぁ。自分の体も大切にしろよ。お前だけのものではない。
なんか宗教っぽくなってしまったが、実際にそんなことは無いので問題なし。
元の話は植物に意識があるのかってことだから、植物の構造にあればの話だ。
植物の触覚センサーが脳の様な機能を持っていれば、記録されて、それに対して反応するだろう。
ちゃんと調べないとなんとも言えない問題だ。
それはいいけど、サイバイマンの様に私のクローンも作っておいてくれ!
宇宙人として友達になってあげるよ♡

5:匿名 2019年7月8日 20:32 | 返信

植物に意識があるというのは昔機械を使って測定して証明した人がいましたよね?
20年ほど前のテレビ番組だったかな?
したがってベジタリアンが「植物には命も意識もないから食べてもよい」と主張するのは根本的に間違い。
肉にせよ野菜にせよ食べるときは必ず手を合わせましょう。

4:トラソプ大統領 2019年7月8日 20:31 | 返信

慌てるな!愚民どもよ!これは私の撒いたサイバイマンだ。使う液体を間違えた為にこうなっただけだ!戦闘力は130位だから問題ない。いずれにしろ私が駆逐してしんぜよう!しかしながら、チョンを殲滅するまでは攻撃を止めない。アニョハセヨは自殺行為だ!

3:匿名 2019年7月8日 19:57 | 返信

1の人は何を食べちゃったんだろう。

2:匿名 2019年7月8日 18:11 | 返信

人間に触られるのが嫌ではなく、物に触れるのが嫌なのでは? 自身の枝葉が触れると、その部分の成長が止まる。サクラ等が良い例。 
物に当たると部分的に枯れていくからね。

1:今井真人 2019年7月8日 18:03 | 返信

今まで夜間深夜にボルタ―ガイスト現象がありましたが、朝からボルタ―ガイスト
が始まりました。
函館から青森県の恐山にいきイタコ{シャーマン}に除霊してきます。
それは間違い無くポルターガイストだ
直ぐにでも沖縄のトク婆さんに会いに行くのじゃ、一刻の猶予もならん!今すぐ行くのじゃ。ところで、毎回のボルターってなんぞ?
また朝からオカルトボルタ―ガイスト現象になりました。
CDラジオで大瀧詠一イ―チタイム30周年記念アルバム聴いているとまたしても突然CDが音飛びし、勝手に強制再生終了になりました。
CDには傷がありません。
何故でしょう?!
非常にヤバくなってきました。
怖いよ怖いよ!!
私の部屋はボルタ―ガイスト現象だらけです。
部屋の扉から聞きなれない音が多数出ています。
意識消失するほどのエクトプラズムの高出力衝撃波マトモに喰らいました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。