宇宙人と遭遇した人物の79%が芽生える特殊能力とは? エイリアンによる“肉体改造”の結果なのか!?

 “強烈な体験”はその後の人生を左右しかねない一大イベントだが、パラノーマルの分野での最大のライフイベントの1つがエイリアンとの“遭遇”体験である。こうした強烈な体験をした者にはその後にどのような変化が訪れているのだろうか。

■サイモン氏の奇妙な超常現象体験

 両者共にUFO研究家であるキャスリーン・マーデン氏とデニス・ストナー氏が2012年に発表した共同研究では、エイリアンと接触した体験を持つ者の88%がその後自宅での超常現象が増えたことを報告しているという。そして79%がその日を境にそれまでは持っていなかったサイキックな能力が備わったことを明かしている。

 物心つく頃から超常現象やエイリアン・コンタクトを体験しているイギリス人のサイモン氏もまた、超常現象(心霊現象)とエイリアンとの接触によってその後の人生はさまざまな奇妙な出来事に包まれているようだ。

 1969年生まれのサイモン氏の最初の記憶は生後18カ月目ときわめて早く、乳幼児のサイモン氏がベッドから何度も目撃していた“原風景”は空中に浮かんで回っている“円盤”の姿であった。

宇宙人と遭遇した人物の79%が芽生える特殊能力とは? エイリアンによる肉体改造の結果なのか!?の画像1
「UFO Insight」の記事より

●“グレイ”との接近遭遇

 そして3歳になった時のある夜、“コンタクト”を体験することになる。深夜の部屋の中で、まさに“グレイ”型のオリーブ色の皮膚をした頭髪や体毛がまったくないゴム人形のようなエイリアンに遭遇したのである。その肌はしわくちゃで、どういうわけか片目をアイパッチで覆っていたということだ。

 このエイリアンとの遭遇はその後も続いたのだが、自宅以外の部屋でもこのエイリアンは現れた。

 

 サイモン氏が6歳の時の夏休み、家族でキャンプを楽しんだその夜、キャンピングカーの中で眠っていた時(両親はテントで就寝)にふと目覚めると、車の外から2体の“グレイ”が車内のサイモン氏をうかがっていたということだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ