【詳説】宇宙人と遭遇した人物の79%が芽生える特殊能力とは? エイリアンによる“肉体改造”の結果なのか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 “強烈な体験”はその後の人生を左右しかねない一大イベントだが、パラノーマルの分野での最大のライフイベントの1つがエイリアンとの“遭遇”体験である。こうした強烈な体験をした者にはその後にどのような変化が訪れているのだろうか。

■サイモン氏の奇妙な超常現象体験

 両者共にUFO研究家であるキャスリーン・マーデン氏とデニス・ストナー氏が2012年に発表した共同研究では、エイリアンと接触した体験を持つ者の88%がその後自宅での超常現象が増えたことを報告しているという。そして79%がその日を境にそれまでは持っていなかったサイキックな能力が備わったことを明かしている。

 物心つく頃から超常現象やエイリアン・コンタクトを体験しているイギリス人のサイモン氏もまた、超常現象(心霊現象)とエイリアンとの接触によってその後の人生はさまざまな奇妙な出来事に包まれているようだ。

 1969年生まれのサイモン氏の最初の記憶は生後18カ月目ときわめて早く、乳幼児のサイモン氏がベッドから何度も目撃していた“原風景”は空中に浮かんで回っている“円盤”の姿であった。

【詳説】宇宙人と遭遇した人物の79%が芽生える特殊能力とは? エイリアンによる肉体改造の結果なのか!?の画像1
「UFO Insight」の記事より

●“グレイ”との接近遭遇

 そして3歳になった時のある夜、“コンタクト”を体験することになる。深夜の部屋の中で、まさに“グレイ”型のオリーブ色の皮膚をした頭髪や体毛がまったくないゴム人形のようなエイリアンに遭遇したのである。その肌はしわくちゃで、どういうわけか片目をアイパッチで覆っていたということだ。

 このエイリアンとの遭遇はその後も続いたのだが、自宅以外の部屋でもこのエイリアンは現れた。

 

 サイモン氏が6歳の時の夏休み、家族でキャンプを楽しんだその夜、キャンピングカーの中で眠っていた時(両親はテントで就寝)にふと目覚めると、車の外から2体の“グレイ”が車内のサイモン氏をうかがっていたということだ。

コメント

3:匿名 2019年7月21日 21:06 | 返信

最後で急に脱線したなw
ハイブリッドプログラムの対象者なら
サイモン自身が宇宙人と人間のハーフ(子供)であるか
サイモン自身が宇宙人と生殖する予定のはずなのに
現状、どちらでもないんだから。
もっと上手に話を作ってくれ。

2:聖帝 2019年7月21日 06:15 | 返信

下のトランプとかいうヤツはかなりおかしいな!すでに👽️に脳ミソをいじられているのだろう。完全に失敗作だ!訳のわからない長文がその証拠だ。しょーがない。キャツに効くお薬を作ってやるか。もはや手遅れか?

1:トランプ大統領 2019年7月21日 05:36 | 返信

笑える話だ。すべて茶番だな。
私にとってはこんなのはインチキでしかないのだ。
すべてでっち上げられて、偶然ではなく必然で意図的に事故は起こされているのだ。
人間も操られて操作されているんだよ。AIが計算して仕組んでいれば、精密に事故を起こせるが
朝鮮人を経由するとひどく精度が落ちる。精神障害者のように始めだけ集中しているが、その後が続かずアホな感じになる。川崎の包丁二刀流のように大量虐殺を狙って格好つけたが現実とはかけ離れているので包丁で殺せなかった。殺し方が分からなかったのだ。うける~
あんな感じで、何をやってもうまく出来なくて不器用なのだ。本当に計画して本気でやっているのか?疑うほど能力が落ちる。AIに任せた方がいい。その間に病気を治した方がいいだろう。
その幽体離脱も言わされているに違いない。パペットならば結託していて通信も携帯いらずでロボットのように動きは完璧だろうな。自分でも分からんような動きもバッチしですよ。
私は経験しているから言えるのであって、宇宙人に出会っても能力が上がるとは思えない。
現に私は頭が悪くなるようにインプラントされたり、いろいろ工作されて病気にさせられたのだ。
良い具体例は創価学会だ。全員宇宙人に洗脳されてキチガイになっているだろう!精神を病んでいるからではなく、もうそいつは死んでいて人造人間に替わっているか別人のように書き換えられているのだ。奴専用のロボットだ。自作自演が得意なチョンのことだ宇宙人に遭遇した奴は間違いなくそうなっている。もう助からないので暴れ始めたら殺すしかない。
そいつは終わっているんだ!安楽死させてやってくれ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。