【あの殺人犯と面会】福岡小5女児殺害事件・内間利幸! 「少女に恋愛感情を抱き…」取材中に届いた”罪に苦しむ”手紙も公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

 小学校5年生の女の子が、同級生の父親にわいせつ行為をされたうえ、生命を奪われる……。2015年に福岡県豊前市で起きた小5女児殺害事件は、そんなおぞましい事件だった。

 確定判決などによると、犯人の土建業・内間利幸(50)は2015年1月、被害者のAちゃん(当時10)を車で誘拐して民家に連れ込み、わいせつ行為をしたうえ、大声を出されたために首を圧迫して殺害。さらに遺体をトートバッグに入れて自宅に運び、押し入れに遺棄したとされる。

 裁判では、2017年に最高裁で無期懲役(検察官の求刑は死刑)が確定したが、内間は今、どのように過ごしているのか。

■服役生活で20キロ超の体重減

〈福岡で面会をしていた頃は87kgありました体重は、今では66kgにまでなりました。大分走り込み、筋トレもかなりしていますので、筋肉質の体になっており、精神的にもかなり良くなりました〉

(2019年5月20日消印の手紙より)

 今年5月、内間から届いた手紙には、強い筆致のクセ字で近況がそう綴られていた。

 内間は現在、西日本某所の刑務所で無期懲役刑に服している。刑務所での仕事は、工場のミシンでタオルを縫うことだという。最初の頃は初めての仕事に戸惑ったが、今はなんとか作業をこなせるようになっているそうだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年7月29日 04:38 | 返信

誕生日の日にシュークリーム アホかこの国は
下痢便でも食わせとけよ

1:匿名 2019年7月28日 03:25 | 返信

こいつ同意の上やったてのたまってた奴やろ
遺族からしたら猿芝居せんでええからはよ死ねよ思ってるやろ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。