超異色で狂気の空間「カオスの間」に潜入! 戦前の謎物品がズラリ、アート酔いするレベル!【京都】

 知り合いの近藤宗臣さんから京都に新しい画廊『ギャラリーソラト』を作ったと連絡が来た。彼はグロ、ナンセンスな作品を中心に描いている画家、イラストレーターだ。

『ギャラリーソラト』は京都市東山区にあるというので調べてみると、『カオスの間』という施設の中にあるギャラリーだということがわかった。お店の中にお店がある感じだろうか? 少々珍しい。

 そしてその『カオスの間』を調べてみると、かなり異色な空間だとコメントが書かれていた。僕は興味をそそられて、関西に出張した折に伺うことにした。

超異色で狂気の空間「カオスの間」に潜入! 戦前の謎物品がズラリ、アート酔いするレベル!【京都】の画像1

 7月の中頃、暑い京都へやってきた。

『カオスの間』は、地下鉄東西線の東山駅から北へ歩いてすぐの場所にあった。

 パッと見は普通のビルなのだが、ビルの前には奇妙なオブジェが出ていた。仏像にマネキンに蓄音機……どれも風化して色あせている。結局どういう場所なのだか、よく分からないまま館内に入る。

超異色で狂気の空間「カオスの間」に潜入! 戦前の謎物品がズラリ、アート酔いするレベル!【京都】の画像2

超異色で狂気の空間「カオスの間」に潜入! 戦前の謎物品がズラリ、アート酔いするレベル!【京都】の画像3

 ドアを開けると、そこにはまさにサブカル異空間が広がっていた。思わず立ちすくんでいると、

「鑑賞代、500円だよ」

 と話しかけられた。

 この空間の主である、砂本松夫さんだった。お金を払いながら

「ここはギャラリーなんですか?」

 と聞いてみる。

「うーん。一つの言葉で表すのは難しいな。カテゴリーにはめるのは嫌なんだよね。君が好きなように考えたら良い。

 ここに来たら、みんながいろいろな空気を感じるでしょ。『非現実的だな』とか『いい感じだな』とか『リフレッシュできた』なんていう人もいる。

 そういう空気代として500円もらってる」

 僕は財布から500円玉を取り出して支払った。いろいろ聞きたいことはあったが、とりあえずグルリと鑑賞させてもらうことにした。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ