【京都】超異色で狂気の空間「カオスの間」に潜入! 戦前の謎物品がズラリ、アート酔いするレベル!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 知り合いの近藤宗臣さんから京都に新しい画廊『ギャラリーソラト』を作ったと連絡が来た。彼はグロ、ナンセンスな作品を中心に描いている画家、イラストレーターだ。

『ギャラリーソラト』は京都市東山区にあるというので調べてみると、『カオスの間』という施設の中にあるギャラリーだということがわかった。お店の中にお店がある感じだろうか? 少々珍しい。

 そしてその『カオスの間』を調べてみると、かなり異色な空間だとコメントが書かれていた。僕は興味をそそられて、関西に出張した折に伺うことにした。

 7月の中頃、暑い京都へやってきた。

『カオスの間』は、地下鉄東西線の東山駅から北へ歩いてすぐの場所にあった。

 パッと見は普通のビルなのだが、ビルの前には奇妙なオブジェが出ていた。仏像にマネキンに蓄音機……どれも風化して色あせている。結局どういう場所なのだか、よく分からないまま館内に入る。

 ドアを開けると、そこにはまさにサブカル異空間が広がっていた。思わず立ちすくんでいると、

「鑑賞代、500円だよ」

 と話しかけられた。

 この空間の主である、砂本松夫さんだった。お金を払いながら

「ここはギャラリーなんですか?」

 と聞いてみる。

「うーん。一つの言葉で表すのは難しいな。カテゴリーにはめるのは嫌なんだよね。君が好きなように考えたら良い。

 ここに来たら、みんながいろいろな空気を感じるでしょ。『非現実的だな』とか『いい感じだな』とか『リフレッシュできた』なんていう人もいる。

 そういう空気代として500円もらってる」

 僕は財布から500円玉を取り出して支払った。いろいろ聞きたいことはあったが、とりあえずグルリと鑑賞させてもらうことにした。

コメント

5:匿名 2019年8月25日 16:44 | 返信

素晴らしい。
こういうのをもっと紹介して下さい。
期待してます。
いかがわしくても、価値がなさそうに見えても
構わない。際どいが表現として成立してる。
こういうのです。ただし、写真だと伝わりにくいので
センスあるライターに記事を書かせてくれると、もっと
良くなりますよ。

4:匿名 2019年8月25日 06:08 | 返信

よくいます。
私設博物館や芸術と称し同じような事をやっている方は日本中に何百人といるんじゃないでしょうか?
共通の症例があるように感じます。

3:匿名 2019年8月23日 05:22 | 返信

確かに、ただガラクタを並べているだけの中2病の個展だな。カオスの間っていう名前も、何のヒネリも無いし。

2:匿名 2019年8月22日 20:41 | 返信

意味をここに見いだそうとしてはいけない。
また意味だけでなくセンスも価値もない。
よって500円でも払う必要はなく、タダでも時間を無駄にするだけ損な場所。

自分はいくぶんか現代芸術を認めてはいるが、ここは芸術の模倣ですらないと判断する。

1:匿名 2019年8月22日 17:02 | 返信

500円が始まりであり、終わりでもある。
全てを物語ってるよねぇ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。