科学で解明できない錯視「トロクスラー効果画像」が本気でやばい! 我々は「見たいものしか見ていない」と実感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 交通安全のために信号をしっかり確認することは基本中の基本だが、そもそも我々はそれほど正確に物事を見てはいないことが認知科学の分野から指摘されている。視覚情報は目から入ってくるが、それを解釈して認識しているのは脳だからだ。

科学で解明できない錯視「トロクスラーズ効果画像」が本気でやばい! 我々は「見たいものしか見ていない」と実感!の画像1
「Big Think」の記事より

■周辺が見えなくなるトロクスラー効果とは

 重要な事柄を見落とすこともあれば、見えるはずのないものが見えてしまったという経験を持つ人も少なくないだろう。物事を正確に観察するには、客観的であることに努めなければならないが、認知科学の観点から見れば、我々はかなりの部分で自分独自の解釈で周囲を眺めていると指摘されている。

 人間の視覚による認識がいかに危ういものであるのかを身をもって知ることとなるのが“錯視”画像と向き合った時である。そうした錯視画像の中でも特に興味深いのがトロクスラー効果(Troxler’s Effect)だ。

 スイスの医師で哲学者でもあったイグナツ・パウル・ヴィタリス・トロクスラー氏(1780~1866)が発見し、同氏にちなんで名づけられたトロクスラー効果は、一点を見つめ続けているとその周辺がおぼろげになって、しまいには見えなくなるというメカニズムを実感させてくれるものだ。

 例えば下の画像について、真ん中の十字の部分に視線をフォーカスさせて10秒ほど注視してみると、カラフルな周囲の領域が次第に色褪せていき、場合によっては完全に消えてしまうのだ。我々がいろんなものを見逃してしまうのもある意味では当然ではないかと思える体験になり得るだろう。

科学で解明できない錯視「トロクスラーズ効果画像」が本気でやばい! 我々は「見たいものしか見ていない」と実感!の画像2
画像は「Wikipedia」より


■重要ではない“背景”は消え失せてしまう

 研究によればこのトロクスラー効果は、視覚情報がどのように視覚的認識に適用されているのかを示すよい例になっているという。つまりありのままのビジュアル情報を、我々はいったん脳で解釈してから認識しているのである。

 また我々は動かない単調な“背景”を重要でないものとして消してしまう性向があることもこのトロクスラー効果によって示されている。注意を払わなくてよいものを“背景”であると解釈すると、実際に見えなくなってしまうのである。

コメント

3:匿名 2019年8月31日 14:26 | 返信

トロクスラーズ効果→トロクスラー効果
なんじゃね?

2:ちんどん屋 2019年8月27日 20:45 | 返信

おお、凄い

1:チンドン屋 2019年8月27日 20:43 | 返信

おお、凄い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。