スパイとしてカラスやネコら動員「CIAが開発したやばい武器TOP6」! LSDや新興宗教も兵器化!

3.カストロ暗殺を狙った葉巻、潜水服、貝殻

スパイとしてカラスやネコら動員「CIAが開発したやばい武器TOP6」! LSDや新興宗教も兵器化!の画像2
演説をするカストロ(1997年) 「NBC News」の記事より

 米国のスパイ機関は、冷戦中にキューバの最高指導者フィデル・カストロ国家評議会議長を暗殺するために、爆発する貝殻や毒葉巻を含む、奇妙で役立たずの筋書きを数多く考えていた。

 1960年にCIAは、カストロを毒葉巻で暗殺することを計画していた。葉巻には強力なボツリヌス毒素が仕込まれ、氏名不詳の人物によって配達されたが、カストロはそれを決して吸わなかったという。

 また「マズラ足」と呼ばれる慢性かつ進行性の局所感染症を引き起こす菌をカストロのダイビングスーツの内側に仕込み、呼吸装置部分にも結核菌を仕込むという試みがなされたことが2017年に公開された米国立公文書館(NARA)の資料に記載されている。

 そのダイビングスーツは、キューバとの人質交渉に関与していたアメリカ人弁護士のジェームズ・ドノヴァンによって、カストロに与えられるはずであったが、ドノヴァンはいざ決行の段になりおじけづき、そのスーツを渡さなかった。

 ほかにもカストロがダイビング愛好者であることから、彼の注意を引くためにエキゾチックな色で塗った「貝殻爆弾」を海底に仕掛けることも検討されたという。しかし報告書によると、このアイデアを実行するのは難しいとして破棄された。

4.盗聴器を仕掛けた猫

 1960年代、CIAは15億円以上を費やし、猫の耳に盗聴器を仕掛ける試みをした。計画はごく単純で、盗聴器を埋め込んだ猫をソビエト大使館の中に放って、ロシアの機密を盗聴することであった。

 しかしその任務は、早くも初日に失敗した。盗聴器を移植された猫は、とっととワシントンのソビエト大使館の外に逃げ出してしまったからだ。

スパイとしてカラスやネコら動員「CIAが開発したやばい武器TOP6」! LSDや新興宗教も兵器化!の画像3
画像は「Wikipedia」より

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

スパイとしてカラスやネコら動員「CIAが開発したやばい武器TOP6」! LSDや新興宗教も兵器化!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル