【警告】スマート蛇口やスマートトイレはアレクサを通じて会話を聞いている! プライベートな場所はもうない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 アレクサ提供開始以来、家庭内でのプライバシーが危機に陥ったという報道が相次いでいる。しかし、私たちはさらに恐ろしい事態にさらされそうなのだ。もし、私たちの会話が、水道の蛇口やトイレから盗み聞かれていたら? それはもはやジョークではない。米国のデルタ・フォーセット社とコーラー社がそれを実現したのだ。

■「スマート蛇口」と「スマートトイレ」が登場

 米国の統計では、WiFiにつながっている家庭の20%は、すでにスマートホーム(家電や防犯設備、各種モバイル端末などをコンピューターネットワークで接続した住宅)化している。

 そこで、デルタ・フォーセット社は、「スマート・フォーセット(蛇口)」として「Voice IQ」を開発した。

 このVoiceIQテクノロジーを使用すると、汚れた手で蛇口に触ることなく、搭載された音声コマンドで、簡単にお湯と水の切り替えができる。また、計量カップを使わなくても、必要とする水量がきっかりと蛇口から注がれる。

 さらに使用者が「コーヒーポット」、「子ども用カップ」、または「犬用の皿」など、命令をカスタマイズすることで、それぞれの器にあった水の量が、自動的にカップに注がれる。このVoiceIQテクノロジーは、2019年夏に市場に登場し、アマゾンではおおむね良い評価を得ている。

 さて次は、音声で作動するトイレだ。ほとんどの人にとって、トイレは人生の中で、最もプライベートな場所だと思われる。しかし今、トイレやシンク等水回り製品の米国最大手のコーラー社は、その壁を打ち砕こうとしている。

【警告】スマート蛇口やスマートトイレはアレクサを通じて会話を聞いている! プライベートな場所はもうない!の画像1
「Activist Post」の記事より

 今年の初め、コーラー社は「インテリジェント・トイレ」と呼ばれる音声作動式のトイレ「Numi 2.0」を2020年に販売することを発表した。

 この「Numi 2.0」はアレクサの組み込みサポートを特長としており、音声によるトイレ機能使用はもちろん、天気、交通状況、ニュースへのアクセスなどが可能だ。ユーザーは周囲の色の照明から、Bluetoothペアリングによるオーディオ、便座の温度まで、あらゆる要素を正確に好みに合わせて、調整できる。

 Numiのプロモーションビデオによると、アレクサは使用者がトイレに行く頻度や使用する水量、温度等、各人の特性を全て記憶するという。

コメント

4:匿名 2019年10月3日 19:43 | 返信

アレクサが勝手に御主人様の夜の営みをXVIDEOSにupしたら怖いな

3:アノニマス 2019年10月3日 11:01 | 返信

インターネット通信の仕組みを知らない人は沢山いるから、プライバシーなんて企業も保護しない。

2:匿名 2019年10月2日 16:53 | 返信

今、水面下においては第三次世界大戦が始まっているなどと言われている昨今。(トカナ内の記事なら、一年ほど前のジェイエピセンター氏の記事を参照してください)
この程度のことはむしろ序の口で、実際のところはもっと酷い検疫が国によってかけれているということを国民はいいかげん知るべきだ。

1:匿名 2019年10月2日 14:02 | 返信

iot家電って家の中に監視員を(しかも金払って!)招き入れるに足るメリットが感じられない。
ドラレコもそうだけどな。しかもこっちは高額だし

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。