2016年の厚労省「医療大麻など存在しない」発言は何だったのか? 高樹沙耶×高野政所×石丸元章が「大麻と逮捕のリアル」を語る!

関連キーワード:

,

,

,

,

 注目の大好評企画!「高樹沙耶大麻をめぐる対話10番勝負」がついに東京へやって来た。高樹沙耶さんが石垣島→東京へやって来て石丸元章と合流。ゲストに高野政所さんを招いて、初の東京イベントとして開催された公開対話のようすを前/後編にわたってお伝えします。

 逮捕で世界はどう変わったか。生活はどう変化したか。芸能界の人気者とラジオのレギュラーも持つ人気DJが語る、目を見張るわたしたちの逮捕のリアル。高樹沙耶×高野政所×石丸元章。

2016年の厚労省「医療大麻など存在しない」発言は何だったのか? 高樹沙耶×高野政所×石丸元章が「大麻と逮捕のリアル」を語る!の画像1
左から高野政所、高樹沙耶、石丸元章


●「沙耶さんの逮捕は、次の時代へつながるニュータイプの大麻逮捕です」(高野)

高野 出演者3人が逮捕経験あり――。こんなトークイベント、初めてじゃないですか?「全員、前科者」。『アウトレイジ』感が強い。

石丸 自分の場合、恥ずかしながら覚せい剤取締法違反で、しかも、もう24年前のことですからほとんどシニアツアー。申し訳ない。

高樹 私の場合はかなり特殊ですよ。参院選に立候補して、銀座四丁目の交番の前とかでも「おまわりさん大麻、大麻とうるさくしてすみません。でも、いまの日本には大麻合法化が必要なんです~」と訴えていて、その数か月後の逮捕。今は隠しておきたい医療大麻の真実についてマイクで連日連呼してたので、警察や厚労省はやっつけてやろうと思っていたのかもしれません。

高野 次の時代へつながる、ニュータイプの大麻逮捕者ですね。

石丸 ほとんど政治犯、みたいな。

高樹 映画、謝罪の神様に言わせたらまるでダメな謝罪会見! 謝らないんだからね!

「大麻合法化を掲げて国政に出馬したんだから慎重にしたほうがいいよ!」と皆さん思っていたと思います。逮捕のときはすごかったですよ! ふだんはのどかな石垣島の自宅に、20人くらいのマトリ(厚生労働省の麻薬取締官)が押しかけてきて。

石丸 20人! 大捜査陣ですね。

高樹 どうも2カ月くらい前から近所の空き家を借りて、内偵捜査をやっていたみたいなんですよ。

高野 お、大物だ。

2016年の厚労省「医療大麻など存在しない」発言は何だったのか? 高樹沙耶×高野政所×石丸元章が「大麻と逮捕のリアル」を語る!の画像2


●大麻の自由を声を大にして言うと、厚生省から恨まれてしまう

高樹 マトリは全国8つの地方厚生局の麻薬取締部、沖縄麻薬取締支所に所属しているらしいんですね。で、私の捜査は、関東信越厚生局、九州厚生局などから選抜された捜査官がチームを組んで、総勢20人体制でやっていたそうなんです。

高野 すごいなあ。

高樹 芸能人としての知名度としては、当時の私は中くらいだったと思うんです。捜査体制が大きくなったのは、やっぱり選挙に出たことが大きかったと思うんですね。主張を聞いてくれる方もいましたからね。選挙を通じて、医療大麻のことを理解してくださる方もいたんです。だからこそ厚生労働省は、わたしの存在自体も否定したかったのかな。

石丸 医療用大麻が世界中で認可され始めている——という事実は、厚生省にとって最大の脅威なんですよね。高樹さんが立候補した2016年当時の厚生労働省は、「そもそも大麻は医療に効果がない。“医療大麻”というものは存在しない」というスタンスでした。その後、医療効果に関して認めざるを得なくなったわけですけれども。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ