終電にまつわる本当にあった超怖い話! 電車に乗ると、乗客が一斉に自分を凝視…怪談『終着駅』

終電にまつわる本当にあった超怖い話! 電車に乗ると、乗客が一斉に自分を凝視…怪談『終着駅』の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 首都圏某所で働いていた男性サラリーマンが体験した話である。

 その日は、仕事でミスをして残業となってしまった。退社が遅くなり終電を逃すまいと急ぎ駅へと向かった。

 何とか終電が来る前に駅ホームへと到着し、乱れた息を整えながらベンチに腰を掛けた。

「間に合って良かった、タクシーで帰るとなると金額が馬鹿にならないからな」と安堵をしながら、すぐに来るであろう電車の到着を待っていた。

 すると、駅のホームへと登る階段の方から男性駅員が自分に視線を向け走って来る。何事かと思いその駅員を見ていると、自分の目の前まで来て「すみません、このホームには電車は来ないんですよ……」と言ってくる。

「ああ、そうなんですね。何番ホームに行けば良いんですかね?」と問うと、「付いて来てください……」と促してくるので言われる通りにした。

「なんだか愛想もないし、雰囲気も暗くて嫌な感じだな……」と思いながらも、その駅員に付いて階段を降り別のホームへと移動する。

 付いて行きながらも何か違和感を感じた。この駅員は走って来たのにも関わらず全く息を切らしていない。そして話し声がまるで機会音声で淡々と話してくるのだ。

 それに普通は、電車の到着ホームが変更されるなら構内放送で知らせたりしないものか? という疑問もあったが、あまりこの駅員と会話をしたく無かったのと、言う事を聞いておいた方がさっさと関わらないで済みそうだと思ったので、素直に従う事にした。

 そう思う程に、この駅員からは何とも言えない不気味さを感じるのだ。
 
 反対側のホームに到着すると、「もうすぐ電車、到着しますよ……」と駅員は言い、来た階段を降りて行く、それと同時に電車がホームへ入って来た。

 その電車は何故か終電にもかかわらず、車内の座席が全て埋まり、吊り革に掴まりながら立つ乗客が居る程に混んでいるのだ。

「なんで終電がここまで混んでるんだよ」と思いながら電車へと乗る。

 何時も終電で帰る時はほとんど客は乗っておらず、座席で横になっても文句も言われない位なのに、車内はラッシュ時と変わらない位の混みっぷりであったのだ。

 訝しげに思いながらも、座れなかった事に不満を抱きつつ空いている吊り革を握ると電車が発進しる。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

終電にまつわる本当にあった超怖い話! 電車に乗ると、乗客が一斉に自分を凝視…怪談『終着駅』のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング17:35更新