「やはり客観的現実は存在しない」「現実は複数存在」 一流科学雑誌に掲載された最新研究が興味深い!

 客観的な現実は存在しないことが科学的に証明された。

「世界は人間なしに存在するか?」。この問いにYESと答えるのが“実在論”、NOと否定するのが“観念論”であるが、実在論の方が常識に合致する考え方だろう。いまこの瞬間に人類が絶滅しても、太陽や月の運行は変わらず続いていく……。だが、客観性へのこの素朴な信頼を根底から覆してきたのが、20世紀に登場した量子力学である。そして今年に入り、量子力学に基づいて「客観的な現実は存在しない」ことを証明する実験が行われたのだ。その詳細はトカナで報じているが、この度、同研究が世界的に権威のある超一流科学雑誌「Science」のオープンアクセスジャーナル「Science Advances」に掲載され、再び世界中から注目を集めているのだ。

・「Science Advances

 以下、同研究の概要を報じた過去記事を再掲する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「やはり客観的現実は存在しない」「現実は複数存在」 一流科学雑誌に掲載された最新研究が興味深い!の画像1
画像は「getty images」より引用

 客観的現実は存在しない――量子論の実験結果に世界中に衝撃が走っている。

 1961年、ノーベル物理学賞の受賞経験を持つユージーン・ウィグナーは、「ウィグナーの友人」と呼ばれる量子論にまつわる奇妙な思考実験を行った。それはこういうものだ。

■ウィグナーの友人

「やはり客観的現実は存在しない」「現実は複数存在」 一流科学雑誌に掲載された最新研究が興味深い!の画像2
ユージーン・ウィグナー。画像は「Wikipedia」から引用

 ウィグナーの友人は実験室で量子のスピンの向き――回転軸が縦軸であるか横軸であるか―を測定する。量子は観測される以前は縦軸の可能性も横軸の可能性もある重ね合わせの状態であるため、実験室から遠く離れた自宅にいるウィグナーにとって、実験室の量子はどちらの可能性も併せ持つ。ここで実験を終えたウィグナーの友人が電話で「実験が終わった」とウィグナーに伝えたとしよう。この時、ウィグナーの友人にとっては量子のスピンの向きは決定しているが、ウィグナーにとっては重ね合わせの状態が事実であり、(友人が結果を伝えない限り)測定はされていない。すると、この量子は2つの現実を持つというパラドックスに陥る。

 思考実験「ウィグナーの友人」はこれまで“思考実験”にとどまっていたが、米マサチューセッツ工科大学が運営するメディア「MIT Technology Review」(3月12日付)によると、昨年オーストリア・ウィーン大学のカスラブ・ブルックナー氏が、これを実験室で再現する方法を思いついたという。そして今年に入り、英ヘリオット・ワット大学の博士課程に在籍するマッシミィアーノ・プロイエッティ氏が実際に実験を行い、量子もつれ状態にある6つの光子を使用し、2つの現実を生み出すことに成功したそうだ。ウィグナーの予想は完全に当たっていたのだ。

「やはり客観的現実は存在しない」「現実は複数存在」 一流科学雑誌に掲載された最新研究が興味深い!の画像3
画像は「MIT Technology Review」より引用

 するとただ1つの現実というものは存在せず、それぞれの観測者にとっての諸現実が存在するということになるだろう。すると普遍的な真理があるという前提のもとに立つ自然科学の探究は窮地に陥ってしまう。科学の営みはまったくの無駄だったのか……。

人気連載
奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

奇習! 10代処女の「秘毛」をかき集め村中に散布! 北日本のド変態“節分”行事がヤバい!

【日本奇習紀行シリーズ 北日本】  毎年この時期になる...

人気連載
2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

2月24日~3月1日「今週のアナタを襲うトラブル」がわかる4択占い! ラッキー音楽もLove Me Doが伝授!

■2020年2月24日~3月1日「今週の運命を劇的に変え...

コメント

2:匿名 2019年12月15日 17:34 | 返信

文系の人が書いたものかな・笑 これは量子レベルでの局在性の話で、ミクロとマクロをそう単純に一律に論じることができないことは、まっとうな大学であれば物理やってる学部生でも知ってること。というか、本来従来のマクロ、古典では解釈不可の領域を量子力学は対象としている。「量子もつれ」の話は、たしかにオカルト系にもウケるのかもしれないが、論文を持ち出すまでもなくwikiレベルで十分だが「量子多体系において現れる、古典確率では説明できない相関やそれに関わる現象」とあるように、あくまでも量子の世界にみられる現象にすぎず、量子テレポーテーションが確認されたからといって、遠い未来にスタートレックみたいに人間のテレポーテーションができるかというと、それはもうまったく次元の異なる話。ましてや量子の世界ではその可能性が否定できないとしても、だからマクロ的にもパラレルワールドが存在するなんてSFめいた話にはならない。こうした錯覚というか飛躍は、量子力学は最小極限を追う世界だから、そこでの現象はマクロな世界にも当てはまるはずと単純に思考してしまうことに起因するが、マクロにおいては可能性の問題と実在性の問題とは分けて考える必要がある。たとえばSF的なパラレルワールドは、ここに1個の直径10cmの土団子(マクロ)があるとして、それがマイクロ、ナノサイズの土の粒子(ミクロ)の集合体であることは自明であるから、結果その粒子の一つ一つを観測できたときに、そうであればきっと同じ形状、質量の土団子が別のところにも存在するに違いないと言っているようなもの。以下についても厳密には正しい解釈とはいえないが、量子力学でいうパラレルワールドは、むしろ団子の中の土の粒子の1粒が、団子を作る際にさらに二分されてもその団子の中には元は同じ1粒の粒子だった2つの粒子が(こうした仮定は正しくないが)、やはり団子を構成する粒子として団子の中にそれぞれ存在しており、ゆえにその片方を確たる手段で観察できれば、もう片方も観察できるはずといった考え方に近い。

1:にやんこ 2019年11月20日 01:07 | 返信

シュレディンガーのニャンコと同じでワケワカメコンブ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。