幽霊が遭難者を救出! 10日ぶりに発見された登山者「2人組の霊に助けられ、会話しながら下山…」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 11月20日、台湾で登山中に行方不明になっていた男性が無事自力で下山し、救助されるという一件があった。姿を消して10日目のまさに奇跡の救助であったが、その男性によると、下山できるように導いてくれたのは「2人組の幽霊」だったという――。ニュースサイト「Asian Times」(今月22日付)ほか、多数メディアが報じている。

Lost Taiwan hiker says ‘ghosts’ saved him (Asian Times)

幽霊が遭難者を救出! 10日ぶりに発見された登山者「2人組の霊に助けられ、会話しながら下山…」の画像1
宋瑞雄さん。画像は「Asia Times」より引用

 11月10日、台湾南部屏東県瑪家郷の笠頂山を登山中の男性、宋瑞雄(60)さんが行方不明になった。家族からの通報で捜索隊が結成され、のべ111人の警察や消防、284人のボランティア、2台のヘリコプターが、10日もの間、宋さんを必死に捜索したものの、その手掛かりはつかめず、生存は絶望的だと思われた。しかし今月20日、地元住民が自力で下山してきた宋さんを発見、無事に保護したのである。

幽霊が遭難者を救出! 10日ぶりに発見された登山者「2人組の霊に助けられ、会話しながら下山…」の画像2
家族と抱き合う宋さん。画像は「ET Today」より引用

 宋さんはやつれていたものの、大きなケガなどもなかった。まさに奇跡の生還を果たしたのであるが、宋さんは一体この10日間をどのように過ごし、命の危険を脱したのか? 周囲からの問いかけに、宋さんが返したのは「2人組の幽霊のおかげ」という予想外の答えだった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ