「まもなく首都直下地震、南海トラフ、富士山噴火の三連発で日本沈没」当たりまくる謎の予言者・七曜高耶、暴露インタビュー!

「まもなく首都直下地震、南海トラフ、富士山噴火の三連発で日本沈没」当たりまくる謎の予言者・七曜高耶、暴露インタビュー!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 日本有数の予知能力者であり、これまで数多くの災害・事件などを夢で予知してきた七曜高耶氏。ついに今回、単独インタビューが実現し、南海トラフ巨大地震や関東の大地震などの恐るべき予言を直接聞くことができた。後編では、ついにその詳細が明かされる!

日本屈指の予言者が能力に目覚めた経緯を明かした前編はコチラ!

■地震予知は、宇宙から日本を視ている感じ

――では、そろそろ七曜さんが過去に予知された内容の話題に移ります。夢が現実化した例としては、「湾岸戦争」や「スマトラ地震」「四川大地震」など、海外の事件・災害も多いようですね。

七曜高耶氏(以下、七曜)  はい、四川地震に関しては、匿名で放射能汚染があることを国会議員に伝えました。すると、個人的に連絡したいと先方から電話番号を尋ねられたのですが、私は黒子に徹することが好きなのと、私自身のことも知られたくないため他の方を通してやり取りしました。

――地震の夢が的中した例は本当に多くて、たとえば2013121日のブログに「次の青い点滅の場所は『香川』『徳島』『淡路』の『海側周辺』です。こちらは瀬戸内海にも何かある様な感じでした」と記すと、その年4月13日に兵庫県洲本市の淡路島でM6.3最大震度6弱の直下型地震が発生しました

 それから2018323日のブログには「2018323日に視た夢は『地震速報』の夢。大きく鳴り響くスマホの『地震速報』赤色の文字が目に痛い。周囲が暗かったせいか、それだけが目に入った感じだ。ただ、私自身は『4月』と言っている。『4日』とも言っている」とあります。すると201849132分に島根県西部でM6.1、最大震度5強の地震が発生。44日からのズレはわずか5日です。

七曜  地震予知については、宇宙から日本を視ている感じですね。宇宙に私がいます。

――幽体離脱的というか、アストラルトリップ的なのですね。寝ている時に、そうなるのですか? 夢を視ているようで、本当は現実とつながっている?

七曜  あ~! 一回、ケガをしたこともありますね。幽体が傷ついて肉体も傷つくんですかね。

――とても興味深いですね。夢の中での怪我が現実世界に反映するとは。

■3つの大災害が連続して日本沈没!

「まもなく首都直下地震、南海トラフ、富士山噴火の三連発で日本沈没」当たりまくる謎の予言者・七曜高耶、暴露インタビュー!の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

――では次に、今後現実になるかもしれない未発の夢についてお聞きします。たとえば昨年3月1日のブログで「本日201831日に視た夢は、『富士』の夢だった。『富士』のまま受け取るのが良いのか、それとも『富士山』だと思えば良いのかの判断が出来辛い。とにかく『富士』がマグマ(溶岩?)を流すといった内容の夢を視た。しかし、噴火の夢では無い為、これもまた解釈が難しい。とりあえず、『富士』を警戒した方が良さそうだ」とあります。富士山の噴火は近いと思いますか?

七曜  できるだけ不安にならないように心がける必要がありますが、これは単体の事象でない可能性があります。首都直下型地震、震度7――。

――それが同時期に起きるということですか!?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ