神楽坂周辺に妖怪「すじかぶろ」が多数出没中! 令和最初の重大心霊現象発生か… 韓国料理店がヤバいことに!

神楽坂周辺に妖怪「すじかぶろ」が多数出没中! 令和最初の重大心霊現象発生か… 韓国料理店がヤバいことに!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

 東京・神楽坂で今、妖怪が跋扈しているらしい。その名は妖怪「すじかぶろ」。遊郭の見習いとして働いていた今の小学生くらいの少女が妖怪化した存在だ。全身はウロコに覆われ、口には牙、手足に生えた長い爪を立てて畳や床に爪痕を残す。そして、この少女は「禿」と呼ばれてこき使われていた。だから妖怪「すじかぶろ(筋禿)」だ。

神楽坂周辺に妖怪「すじかぶろ」が多数出没中! 令和最初の重大心霊現象発生か… 韓国料理店がヤバいことに!の画像2
すじかぶろ 画像は「Museum of Fine Arts, Boston」より引用

 都内でも有数の花街として、かつて日暮れともなれば芸者たちが行き交っていた神楽坂。しかし、江戸風情の残る古い街も今は昔。令和の神楽坂は、フランスと縁深い土地となっている。「日仏会館」や「アテネ・フランセ」などの施設やフランス人学校があり、さらに近年は再開発によってマンションが立ち並ぶようになったことで、東京で仕事をするフランス人がこぞって物件を購入。フランス人が数多く暮らす街へと変貌しつつあるのだ。

 そうした人たちを相手にするフランス料理店は昔からあった。とはいえ、今のようにフランス人が多くなると数が足りない。そこで、居酒屋や中華料理屋、韓国料理屋など地元の飲食店が次々と買収され、フランス料理店へと看板をかけ替えているが、その邪魔をしているのが妖怪「すじかぶろ」だという。


■僧侶に舞い込んだ不思議な依頼

 とある密教僧が知り合いの女性から相談を受けた。曰く、友人が経営する韓国料理店をフランス人が買いたがっている。店主も乗り気で、売ることになったのだが、困ったことが起きたらしい。

「幽霊が出るというんですね」

 なんでも、店主とフランス人との話が進み、譲渡がまとまりそうなタイミングで、急に常連客が妙なことを言い始めたのだとか。

「常連さんが『この店も騒がしくなったね』と言ってきたそうです。でも、昔ながらの八百屋さんがカフェになったり、最近の神楽坂は一層にぎやかになってきたから、そのことだろうと思ったら、違うと。その常連客は、テーブルの間を子どもが走り回っていたと言うらしくて」

神楽坂周辺に妖怪「すじかぶろ」が多数出没中! 令和最初の重大心霊現象発生か… 韓国料理店がヤバいことに!の画像3
イメージ画像:「Getty Images」

 しかし、配膳のアルバイトに聞いても、その時に子連れ客は来ていなかったという。最初は何かの勘違いだろうと気にしなかった店主だが、事態はどんどん深刻化。「トイレに入っているとドアの向こうで誰かがうろうろする不気味な気配がした」「食事中にテーブルの下から小さな子どもが手を出した」など、10年来の客が次々と訴えるようになったのだ。やがて、最初は笑っていた料理人まで「洗い物をしていたら何かに手をつかまれ、驚いて皿を割った」と言い始める始末。シャレにならない状況に。

「そんな話が次のオーナーの耳にも入って、『どうなっているんだ』と怒りはじめたらしいんです」

 しかし、そこでふと店主は思った。もしかしたら、譲渡費用を下げるために何かを仕掛けられたんじゃないか。

「それで一度、お店を見てもらえないかという相談なんです」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ