【緊急】2月21日、遂にベテルギウス爆発か? 月が2つになり、人類滅亡の可能性も…科学者警告!

関連キーワード:

,

,

【緊急】2月21日、遂にベテルギウス爆発か? 月が2つになり、人類滅亡の可能性も…科学者警告!の画像1
ベテルギウスの最期。画像は「CNET」より

 冬季に南東の空に現れる「冬の第三角形」。その一角を成す「オリオン座α星ベテルギウス」の名は、天体観測に興味がない人でも一度は耳にしたことがあるだろう。全天でも極めて巨大で9番目に明るく、さらに地球からも「赤く輝く星」として確認できる赤色巨星として有名だ。

 今この巨大な星は奇しくも人類の極めて短い歴史の中で終わりを迎えようとしている。太陽の10~20倍ほどの質量をもつベテルギウスの最後は一大スペクタクルになると言われており、寿命を迎え爆発し、超新星となる際に、三日月ほどの明るさを地球まで放つため、地球からはまるで月が2つあるように見えるそうだ。

 問題となるのは終わりの時期だが、それは来るべき時としか言いようがない。シュレディンガーの猫の実験では、箱の中の放射性物質が崩壊すれば、毒が放出され、中にいる猫が死ぬ。ただし、放射性物質の崩壊は量子的現象であり、崩壊の時を確定的に知ることはできない。シュレディンガーの猫は来るべき死にさらされているわけだが、ベテルギウスの爆発も同様である。

 ただ、その時がかなり近づいていると考えるに足る現象は観測されている。トカナでも報じたように昨年12月中旬にベテルギウスが観測史上で最も暗い状態になったのである。超新星爆発の直前には星の収縮と減光が観測されると予測されているため、終わりが近いと考えられるのだ。

【緊急】2月21日、遂にベテルギウス爆発か? 月が2つになり、人類滅亡の可能性も…科学者警告!の画像2
光源を白黒反転表示させて撮影したベテルギウス。画像は「Wikipedia」より

 そして、米科学技術系ニュースサイト「CNET」(2月11日付)によると、今年に入ってからもベテルギウスの減光がかつてないほど加速しており、科学者らは遂にその時が来たかもしれないと慌てふためいているという。ベテルギウスの観測を何十年も続けてきた米・ビラノバ大学の天文学者エドワード・ギナン氏によると、現在ベテルギウスは「過去25年で最も暗く、冷たい」とのことだ。

 ただし、天文学者のトニー・フィリップス氏によると、ベテルギウスの減光は星間塵や黒点のためかもしれず、また、変光星という周期的に明るさの変わる星であるため、今がたまたま最も減光するタイミングなだけかもしれないという。

人気連載
あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

あなたと好きな人の“心の距離感”がわかる4択占い! 近すぎ、遠すぎ、遠慮しすぎ… 当たるLove Me Doの助言!

■あなたと好きな人の“距離感” 「好きな相手をイメージし...

人気連載
奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

奇習! 節分の夜に行われる“鬼”との乱交セックス! 豆まきならぬ「お豆いじり」の風習

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】   毎年節分の時期...

関連キーワード

コメント

14:archscanty 2020年2月22日 08:41 | 返信

外れたらいい加減罰してよ。
言ったモン勝ちのホラ吹き大会やないけ。

13:匿名 2020年2月22日 06:50 | 返信

安定の「またハズレ」♪

12:匿名 2020年2月21日 04:16 | 返信

2月10日頃から、明るさを取り戻しつつあることが判明しているのだが。
だから言っただろう、ベテルギウスは変光星だと。

11:匿名 2020年2月20日 17:19 | 返信

あしたwww

10:匿名 2020年2月17日 21:07 | 返信

いいからはよ滅亡はよ
(ノシ 'ω')ノシ バンバン

9:匿名 2020年2月17日 17:44 | 返信

そのロング・ガンマ線なるものは、光よりも早いのか遅いのか同じなのか?
地球とベテルギウスが約642光年の距離であれば
星は約642年前に爆発しており
地球にとっては、とっくの昔にコミットされた運命と云う事

8:匿名 2020年2月16日 16:25 | 返信

天文学の話で何故シュレディンガーの猫を出してんだよ…

7:匿名 2020年2月15日 21:54 | 返信

なんでもかんでも直ぐ人類滅亡!と騒ぐのがトカナw

6:匿名 2020年2月15日 08:32 | 返信

滅亡の可能性などある訳がなかろうが!

5:匿名 2020年2月14日 23:09 | 返信

トカナとその予言者は
外れたらちゃんとそれを認めろ
スルーすんな
あと予言したから変わったみたいなこと言うな

4:匿名 2020年2月14日 16:28 | 返信

今回は割とガチだと思ってる
このタイミングでベテルギウスの話題が上がったのも偶然じゃないと思う

3:トランプ大統領 2020年2月14日 15:58 | 返信

>> 1

新世界?大阪だな。ベテルギウスと聞くとどうしても、リゼロのペテルギウス・ロマネコンティを思い出してしまう。見えざる手によって貴様らは死ん世界に誘われるのだ!本当は通天閣の死ん世界が正しいのではないのか?

2:匿名 2020年2月14日 12:42 | 返信

以前の記事で指摘したから、だいぶ勉強し直したみたいだね。よろしい。
その調子でこれからも頑張りたまえ。

1:匿名 2020年2月14日 11:23 | 返信

スーリヤ寺院に伝わるインド暦には、2020年3月20日より後の日付が“ない”。
つまり、2020年3月21日が終わりの日とされている。
有名なジョージア・ガイドストーンが公開されたのは1980年3月22日。
そして、ジョージア・ガイドストーンが公開された50年後の2030年までに人口の95%が削減されるとされている。(アジェンダ21より)
「2025年 地図」で検索するとポールシフト後の世界地図が見つかる。

【まとめ】
2020年3月20日:インド暦の終わり
2020年3月21日:終わりの始まりで超新星爆発?→ポールシフト発生で世界大変化?
2030年3月22日:新世界が始まる

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。