第三次世界大戦が現実に!?米軍が秘密裏に「対ロシア核攻撃」シミュレーションを行ったことが判明! 次世代“小型核”で一気に叩く…

 新型ハイテク兵器の開発が相次ぐロシア軍だが、一方の米軍は先日、大胆な軍事シミュレーションを行ったことが報じられている。米国防総省(ペンタゴン)の高官も出席したそのシミュレーションでは、ロシアに対する核攻撃も詳細に検証されていたのだ。

■米軍作戦司令部で対ロシア核攻撃シミュレーション

 昨年8月、かつての東西冷戦の終了を象徴するイベントとして米ソ間で調印されたINF(中距離核戦力)全廃条約が失効した。

 失効後、すぐにアメリカは中距離ミサイルの発射実験をはじめ、核弾頭搭載可能な新型中距離ミサイルの開発に本腰を入れていることを暗にアピールしている。世界は再び冷戦時代へと戻ってしまうのだろうか。

 その米軍内で先日、気になる動きがあったようだ。ネブラスカ州にある米軍の作戦司令部において、ペンタゴンの高官も参加した軍事シミュレーションが行われていたのである。

米軍が秘密裏に「対ロシア核攻撃」シミュレーションを行ったことが判明! 次世代小型核で一気に叩く… 第三次世界大戦へ!の画像1
「National Defense Magazine」の記事より

 しかしながら米軍がどこかに攻め込むというような話ではなく、今回の軍事シミュレーションはロシアとNATOの間でのヨーロッパを舞台にした軍事紛争を想定したものであったという。具体的にはロシアが戦術核兵器でNATOのいずれかの地域を限定的に攻撃した場合の軍事シミュレーションであったということだ。

 もちろんNATO諸国が攻撃されれば、米軍は迅速に対抗措置を取ることになる。当然、ロシア領土内への報復核攻撃もオプションに含まれてくるだろう。しかしながらペンタゴンのスポークスマンは、今回のシミュレーションで米軍がどのような核オプションを含む軍事的行動に出たのか、その詳細については口を閉じている。

米軍が秘密裏に「対ロシア核攻撃」シミュレーションを行ったことが判明! 次世代小型核で一気に叩く… 第三次世界大戦へ!の画像2
「Futurism」の記事より

 記者発表の場においてペンタゴンの高官は、米軍の核戦略についてトランプ政権は、大陸間弾道ミサイル、爆撃機、潜水艦および空中発射巡航ミサイルを近代化するために、オバマ政権によって策定された計画を継続していることを強調した。計画では今後10年ほどで新しい地上ベースの戦略的核抑止軍事力、B-21爆撃機、コロンビア級潜水艦、および長距離ミサイルに重点的に予算が投じられるということだ。

コメント

3:トランプ大統領 2020年3月17日 00:19 | 返信

↓なんだ?日本人を地獄からやって来たキノコの使い手と知っての事か?
知らないなら、アニメ、ドロヘドロ見て見ろ!人をキノコにする魔法を使うマフィアが出てくるぞ!簡単に体が引き千切れたりして、中々グロテスクな感じの魔法使いの漫画だ!
そのアニメを見てσ(゚∀゚ )オレキャラを知り、魔法の世界を知ると良い。
金髪碧眼やら、レプティリアンの様なトカゲ男やら、13と言うキャラが出てくるが
13番はσ(゚∀゚ )オレの番号だ!覚えて置け!因みに声優は埼玉出身で進撃の巨人のエレン・イェーガー役もやっている梶裕貴だ!どう見てもσ(゚∀゚ )オレのキャラだろう!まぁ、カイマンの相棒のニカイドウもσ(゚∀゚ )オレのキャラだし、殆ど全部σ(゚∀゚ )オレ絡みなキャラばかりだがな。
お前に似たキャラも出てくるぞ!ジョンソンだ!
人肉を食う、カスカベ博士に飼われているゴキブリだ!
ジョンソンと言う名前自体σ(゚∀゚ )オレ系だが、ゴキブリといえば、お前そっくりだぞ!見て見ろ!
因みにアニメを制作しているTOHOアニメーションも当然のごとくσ(゚∀゚ )オレ系の制作会社だ!
そして、この記事から分かることは、人をキノコにする魔法が完成しつつあると言うことだ!

2:匿名 2020年3月16日 18:23 | 返信

日本人はゴキブリ以下

1:匿名 2020年3月16日 10:10 | 返信

朝鮮人は寄生虫

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。