「2022年、東京から人がいなくなる」首都封鎖後の未来が日テレで放送されていた! 目覚めのゲートとアセンション後の世界も

 東京では新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、いよいよ首都封鎖=ロックダウンが現実味を帯びてきた。首都封鎖された後の東京の未来、さらには人類の未来はどうなってしまうのか? 日々、不安を募らせる人は多いだろう。

 今回、予言研究家である筆者・白神じゅりこは、1990年代に放送されたテレビ番組内での予言を紹介しようと思う。未来進行催眠によって未来にタイムスリップした女性が見た、2020年の東京の恐るべきビジョンとは……!?

画像は「Getty Images」より引用


■テレビ番組で行われた実験でタイムスリップ

 1992年から1993年までビ系列局で放送されていた番組『ワンダーゾーン』は、古代文明や超常現象などの国内外の不思議を検証する番組であり、司会は関口宏が担当していた。同番組で「タイムスリップ」をテーマに取り上げた回では、ヒプノセラピーを用いて意識をタイムスリップさせる実験を行った。

 催眠セラピー専門家である故・桜井ゆみ氏が、被験者の女性リポーターにヒプノセラピーによる退行催眠と未来進行催眠をかけていく。

実験の様子

 退行催眠状態に陥った被験者は、幼稚園時代に戻って幼児言葉で話したりお絵かきしたり、小学校時代に戻って小学生の文体や文字で作文を書いたりした。つまり、肉体は大人でも意識は完全に幼少期に移行したのである。

 この退行催眠の後、被験者は未来進行催眠によって未来の世界にタイムスリップすることになる。そして、彼女が見た驚愕の未来のビジョンとは?

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ